« かんばんボード、使ってます! | トップページ | 2ヶ月間の育児休暇中です... »

引続き、ソフトウェアかんばん!

5/15の定例会で、自社サービスプロジェクトで「ソフトウェアかんばん」を活用しているチームのメンバー、蓑方さんが、「IT-Tips」(基本、10分枠のチョイネタ・コーナー(レギュラー))ネタとして「かんばん」の効果を発表してくれました。

前回の話題としても取り上げましたが、やっぱり使っている本人から、その「効用」を話してもらうのが一番ですね!

効用として挙げてくれた点:
※見える化によってモチベーションを上げられます!
※タスクをDOING から DONE に持って行くときが一番テンションが上がります!!
※遊び心で、担当者はマグネット(幾つか用意済み)で表現しています(付箋の上に付ける)

Pict2562 Pict2563 実物を見ると、前回ブログに書いたものから、当然のことながら「DONE」に移動したタスクが増えましたが、「TODO」も増え続けているので、見た目に変化が分からないかな...。

プロダクト・バックログ(要求としてのストーリー)自体が増え続けているってことです。
ので、バーンダウンチャートは書けません。
って言うか、書いてもモチベーションアップにはならないでしょうし。

付箋の色分けや、アナログツールの追加が見られます。
増殖してます。
はい、健全に運用されている、1つの証拠なんじゃないかと思います!

別の(!?)1つのアプローチとして「WBS・ガントチャートを作る」ってのが有りますが、それとの比較で「クリティカルパスって分からないですよね?」という質問というか指摘が別メンバーから出ました。

「はい、分かりません」、 と潔い答え。

と言いますか、良いサービスを指向して、あれこれ新たなストーリーが追加されたり、優先度を入れ替えたりってことが比較的頻繁に発生します。
これらのタスクを、電子ツールでちまちま操作しているよりも、付箋に書き出して優先度を即刻決めてしまった方がトータルで早く、確実に共有できるってメリットの方が大きいです。

勿論、10人を超えるようなプロジェクトでは何かと難しいでしょうし、プロジェクトの性質(業界・業務など)によっては合わないケースもあるでしょう。

ともかく、条件が許すなら、折角毎日の生活の内のけっこうな時間を占める「お仕事」なわけですから、楽しい方が良いです!

プロジェクトを「積極的に楽しむ」為に工夫することは、とても大切なことだと思います!

楽しい方が効率良く進みますし、効率良く進めば余裕も生まれます。
ベースが楽しければ、問題や障害にも能動的に&皆で対処していくことが出来ます。


★クリック1つでブログランキングにご協力戴けます! m(_ _)m

|

« かんばんボード、使ってます! | トップページ | 2ヶ月間の育児休暇中です... »

お仕事な日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 引続き、ソフトウェアかんばん!:

« かんばんボード、使ってます! | トップページ | 2ヶ月間の育児休暇中です... »