« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月の記事

「人狼」の「振り返り」をやりました!

8月1日に書き込んだ ”「振り返り」する為に「人狼」をやってみた!” の続編です。

8月23日の定例会で、アジャイル開発プロセスに於ける「振り返り」ワークショップを行いました。

振り返る為の「共通の対象」として、「全社員での共有開発プロジェクト」を設定できれば良いのですが、ちょっと現実的じゃありません。

Pict2568


かと言って、仮想の条件を共有するのでは現実的な「振り返り」は出来ません。
そこで、共通の体験の為に(いきなりですが)「人狼」ゲームを土曜日に実施した、というわけです。

システム開発部、事業開発部、業務推進部と合わせて、全体の8割のメンバーが集まり、数時間に渡るイベントと打ち上げの時間を共有できました!

Pict2573


企画発案・計画・実行は、スクラム適用プロジェクトの経験者である蓑方さん。
(ちなみに、現在は社内にて請負プロジェクトや自社企画・開発プロジェクトに於いて、アジャイル開発の各種プラクティス適用を推進・実践してくれています)

最初に基本ルールの説明があってから、Keep(続けたい事)、Problem(問題点)、Try(問題点の解決策)を具体的に挙げていきます。

Pict2578


振り返る対象がゲームだったこともあり、実プロジェクトの生々しさとはまた違った内容にはなりますが、
元々が問題発見の視点や改善指向の強いメンバー達です。

KPT、それぞれで様々な意見が出ます。

Pict2570


K(Keep)の1番(同様意見の多い内容)は、「お菓子がたくさん有って良かった!」。
あっと言う間に多数の付箋が重なりました!
(同日は会費制で数百円づつ出し合い、大量のお菓子を買い込んだようです)

2番目は、「楽しかった!」(←これ重要!)、「良い企画だった!」、「一体感が味わえたような気がする」。

その他に、「参加者全員が発言していて盛り上がった!」(お互いを改めて知る機会にもなった)ってのも有ります(これも2番目に含まれるかも知れませんが)。

P(Problem)は、
「経験不足で上手いプレイが出来なかった」、「人狼同士の相談が出来なかった」、「消耗が激しい」。
中には結構上手と言うか、要領の良い人もいたようですが、全般的に「どうすればいいの?」感が強かったようです。

そんな状態で、中間に小さな振り返りを挟みながらとは言え3回も連続して、休み無しにプレーしたんですから、そりゃ疲れるでしょう...。

T(Try)は、P(Problem)で上位を占めた項目(或いは、ファシリテーター判断で特に重要と思えた項目とかも)の対処・改善策を考えます。

手順は同じく、付箋に書いて順番に発表方式。

「経験不足で上手いプレイが出来なかった」に対しては、
※ルールをサブセット化して簡易版で実施する
※上手な人の模範プレイ(動画など)を見て、解説を受ける
.....などでした。

「人狼同士の相談が出来なかった」に対しては、
実施方法を根本から変える必要がある?(物理的に一箇所に集まらない?)
しかし、皆が集まって現実感の高い環境で実施したいってのが前提にあるので、「対策なし」かなー?
.....って事になりました。

「消耗が激しい」に対しては、
「ゲーム経験値の低さ(不慣れ)」と、「ウソをつくことが前提になっている(習慣が無い)」、「ウソを論理的に追い詰めるような、ディベートの経験値が不足」などが問題として挙げられましたが、改善策は拡散してしまいました。

とまあ、内容をだらだらと書き連ねましたが、「実プロジェクトではどのように運用していくのか?」
⇒付箋を貼ったボードを、次のスパイラルの終了まで残す。
⇒開発中に、これを見ながら、週に1回とかの間隔で、やってない項目が無いか等チェック
⇒次のKPTを行う時にも見る
 ⇒Tryが出来ているか?
  ⇒出来ていればKeep、出来ていなければTryに継続(或いは対策を見直し)

結構な付箋の数になりましたが、実際のプロジェクトでも構成人数はせいぜい10名程度までで、1人が出す付箋の数も4~5枚が適当、というところから、今回行った程度の付箋枚数とそう大きくは変わらないようです。

また、振り返りを上手く行えるかどうかは、前提としての参加者の意識の問題も大きいのですが、進行・盛り上げ役としてのファシリテータの資質に依存するところも大きいようです。


★クリック1つでブログランキングにご協力戴けます! m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Windows7ことはじめ

WindowsXPの延長サポートが、遂に2014年4月で終了になる。

少なくとも個人的には、後継OSに対して機能面ではことさら何も魅力やメリットを認識していないんだけど、どこかで移行しなければならない...。
セキュリティ的に放置状態になることは、到底、受け容れがたい。

余りギリギリってのも何かと問題が起きそう(その場合の対処の余裕も無くなる)なので、それに国外の製品なので(D社のNotePCを結構多用してます)レートの問題で値上がりするのを避けたかったこともあり、非開発用だけれども4台のNotePCを急遽新調した。

全てWindows7。
Win8は、間違ってもオフィス用途に入手する気にはなれない。

最も、Webアプリ等の動作確認用に1台は入手しないといけないなあ...とは思っているのですが...。
(iPhoneやiPadは社有のもの、Androidデバイスは各個人のもので動作確認しちゃってますね)

それにしても........Win7、扱い難いっ!!

慣れない間は何でもそうだろうとは思うのですが、
どうも、「パソコンとかファイルシステムとか、何にも知らないで使う人の為」へと、どんどん深入りしていってくれてます。

「見えなくてもアプリ操作は出来るはず」のところは極力見せない。
「見る必要が生じたときに、見ようとする操作をしたら」最低限の情報だけ見せる。
......
あーーー鬱陶しいっ!!
XPの方が良かったよっ!!
無理に OS X のUIを真似しなくっていいよっ!

せめて、デフォルトは今のまんまでも良いから、「オフィスワーク用」、「開発者用」のUIデフォルトセットアップが出来て、各種アプリにも自動的に反映されたら嬉しいんですけどねえ.....。

そんな面倒な仕様にはしないでしょうね。
開発もテスト工数も、不具合件数も跳ね上がるでしょうし、サポート工数も相関して増えるでしょうからねえ。

社内・外でも、割と若い人でも似たような反応だと思うんだけどな。
違うのかな?

だけど、だからってWindowsのデザインが、「ある程度の仕組みや構成を理解した上で利用したい」人にとって使いやすくなる、って事は今後とも無いんでしょうね。

PCとタブレット的なものを同一線上に扱う、って事に無理が有ると思います。

既に一部には存在するようですが、携帯デバイスのOSと、パソコンとしてのOSはデュアルブート(或いは一方が仮想マシンでも良いけど)で良いと思うんだけどなあ。

まあちょっと、話がWin8まで混ざって来ちゃいましたが、
ここ暫くWin7に慣れるまでは、無駄に疲労感の多い毎日になるんでしょう。

で、自分でもどうやったか忘れるほどに、XPに近い見た目・操作性が得られるよう、出来る限りのカスタム設定に精を出すんでしょうね.....。


★クリック1つでブログランキングにご協力戴けます! m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「振り返り」する為に「人狼」をやってみた!

アジャイルプロセスに於ける「振り返り」。
本格的に?(=楽しく、かつ有意義に!)実行・運営するのは意外と難しいようです。
形骸化してしまったり、本音や有用な意見が出なかったり、次の反復に活かせなかったり...。

アジャイルでよく言われる「自己組織化」ですが、振り返りに限らずミーティングや会議系でよく見られる傾向は、「特定の人だけが発言する」、「見えない力関係で事前に結論が決まっている」、「ひたすら迷走して意味の有る結論が何も出ない」.....
そんなミーティングは「自己組織化」されたチームからのアウトプットとはとても言えません!

とは言え、「本格的な?実戦的な振り返りってどんなの?」を体感している人って、実は社内でも少ないのかも知れない...。

実務でスクラム(プロジェクト依存のカスタマイズ版)の実務体験をしている蓑方さんが、「スクラムを採用したプロジェクトは全体に楽しくて客観評価も高かったけど、一番面白かったのは振り返りだった!!」と断言して止まない。

そんな「本物の振り返り」を、アスペアの皆で体験してみたいっ!!

だけれども、その為には、例えば定例会に参加する各員(つまり全員)が共通体験をしていなければ、やりようがないっ!!
「振り返り」のしようがないっっ!!!

.....と言うことで、やってみました、「人狼」。

1 4 「人狼」は村人(参加者)に紛れ込み、夜な夜な村人を食い殺す人狼を探し出すというパーティゲームです。

数年前からWeb上で流行っていましたが、最近はTVでも放送されるようになりました。
詳しくは参考URLを見てください。

●フジテレビ 人狼~嘘つきは誰だ?~
http://www.fujitv.co.jp/jinroh/index.html

●Wikipedia 汝は人狼なりや?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%9D%E3%81%AF%E4%BA%BA%E7%8B%BC%E3%81%AA%E3%82%8A%E3%82%84%3F
...基本的な情報です。歴史とか

●youtube 棋士で人狼
http://www.youtube.com/watch?v=HUx9q6Uw0cQ&noredirect=1
... 将棋のプロ棋士でやった人狼のプレイ動画です。頭のいい人たちがやるとこんなに面白いのかと感心します。

13 日曜日の午後半日(13:00~18:00)をかけて実施したのですが、本当のことを言うと、この記事を書いている筆者自身は参加してませんでした...(ゴメンナサイ)。

当日のイベントの中でも振り返りを行って貰いましたが、8月の定例会でも(「人狼」ゲームに参加できなかった人も交えて)改めて振り返りを実施してみるつもりです(参加者の出席状況を考慮して、8月下旬に行います...ちょっと間が開いてしまう点が気にはなるんですが...)。

さて、どんな内容になるのか?
今から楽しみです!!

おまけ
7 ・ここ数ヶ月の間、ジャグリングのスキル向上にも精を出している山内さんが、習得した芸の一部を披露してくれました。
・ジャグリングスクール(https://www.naranja.co.jp/juggling/school/ns201304/contact/index.php)にも通って、習得に時間のかかる技の数々の修練に余念が無い様子です。


★クリック1つでブログランキングにご協力戴けます! m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »