« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月の記事

キャリアプランニングのススメ

「キャリア・プランニング」!!

そう聞いて、「ああ、俺はこうだよ!」、「私はこうです!」と即答できる人?

役割セットや活動するシーンとアクションが具体的にイメージ出来る人?
.....いますか?

そりゃ、いるでしょうね。
でも、結構な割合の人が、深くは考えていなかったりするんじゃないでしょうか?

「自分に回ってきたプロジェクトで、決められた役割を消化していくだけ」。.....

それでも、楽しいプロジェクトは楽しいかも知れません。
楽しくなくても、得るものが少なかったなーと思っても、まあ次に期待しとこう。って感じでしょうか?

ネット上や、書籍でもよく取り上げられる事ですが、キャリアプランは描いておいた方が良いです!  絶対に!!

キャリアプランは、ライフプランとも深く繋がります(当たり前ですけど)。

勿論、プランニングした通りに進むとは限りません。 と言うか、プランニングのまんまに進んだら奇跡ですよね?!

いや、むしろ、「プランニングの枠を超える事が無くて、返って限定された結果しか得られない」と言えるかも知れません。

プランを立てるには、当然ながら若い内の方が選択肢が広いです。
色々なバリエーションを想定できるし、途中段階での変更や、偶発的に得られた縁やチャンスを活かしてプランを前倒しにしたり、以前には想像もしなかった方向にキャリアを展開していけるかも知れません。

その逆に、年齢を重ねると、特にSES(システムエンジニアリングサービス)ベースで考えた場合、受入れ側が様々な点からベテランの導入を避けるケースが増えて来ます。

勿論、顧客の想定する役割・レベルとのマッチング次第ではありますが、40代後半以降になると「扱い辛い」、「若手のリーダー(正社員)の言うことを聞かない・或いは気を使ってしまって的確な指示が出来ない」、「上流から下流まで全工程を担って欲しいのに、手が動かない・或いは体力が持たない(持病があるなど)」.....。

特別に繋がりのある顧客やプロジェクト以外では、なかなか受け入れて貰えなくなってしまいます。

所属会社のビジネスモデルが大きく影響するのは勿論ですが、自身のキャリアをプランニングし、その内容を意識しつつ実務を重ねた方が良いに決まってます。

これを「転職しながら身に付ける」という人もいますし、「会社を上手く動かしながら(利用しながら)キャリアアップしていく」人もいます。

少なくともアスペアでは、各人にキャリアプランを設計してもらい、その1年分の具体的目標としてMBO(Management By Objectives)を作成・運用してます。

これは、技術者本人だけが努力すれば成果が得られるというものではないので、営業活動やチーム内でのロール配分・タスク配分などでも、可能な限り調整して、プランの実現に協力して行きます。

.......が、そうは言っても、やっぱりプランを立てる事・推進していく事にに積極的でないメンバーが少なくありません。

Pict2584_2


9月の定例会では、そんな「いまいち自分のキャリアに計画性を持っていない」メンバーに対して警鐘を鳴らしていこう!、ということで、山内さんがディスカッションを企画・実施してくれました(現状の市場要求に関する情報は、営業面で活動しているメンバーから事前に収集しておきました)。

ぶっちゃけて言ってしまえば、この「アスペア」だって、いつまで存在しているか分からない。
それは、余程の超巨大企業でもなければ同じ事だと思います。

この市場で、或いは市場をシフトして生きていくとしても、十分な価値を評価されてお仕事を頂ける人材であって欲しい。

そんなメンバーが、たまたまアスペアで仕事をしてくれる、面白い(刺激的な)仲間と仕事が出来るのでアスペアにいようと思ってくれる。

そんな形が良いと思ってます。


★クリック1つでブログランキングにご協力戴けます! m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お菓子箱、復活っ!

一番最初に「プロジェクトにはお菓子が十分に常備されているべきである」みたいなことをアジャイル・プラクティス(?)の中に含めたのは、XP(Extream Programing)でしたっけ?

ハイレベルな思考活動には糖分が不可欠だ!、とかいう話で...。

アスペアの事務所内にも、以前はお菓子箱を用意してました。
皆で適当に食べて、皆が適当に好みのお菓子を補充する、みたいな感じです。

プロジェクトの特性的に、契約形態の如何に関わらず、客先での作業を必須とされる業務が続いたために、自然消滅的に、暫くの間・お菓子箱の存在は消えていました...。

Pict2570 が、自社企画プロジェクトや、請負・持帰り開発のプロジェクトが増えるにつれて、気が付いてみるとお菓子箱が復活!
(「お菓子箱」と言うよりは「お菓子テーブル」状態になってますが)

プロジェクト・チームの真っ只中だと、お菓子箱を置く場所が有りません。
PC本体はパワーのあるSSDベースの軽量NotePCで、ディスプレイ&キーボードを外付けして、デュアルディスプレイでの開発が標準になってますから。

まあ、余りに近くにあると、「ついつい食べ過ぎてしまう」って理由も有るんだろうと思いますが。

で、通路途中にある打合せテーブルが、いつの間にやら「お菓子テーブル」に化けてしまいました!!

つい先日、「本格的な振り返りを行う為の『人狼』ゲーム」をやって以来だったので、てっきり余ったお菓子が偶然に置いてあるものだとばかり思ってたんですが...。

実は、スクラムを適用した実プロジェクト経験のある蓑方さんが、「常設・お菓子スペース」として巣食って、じゃない、設置してくれていたんですねえ。

私もたまにつまんでいるので、その内何か補充しておかなくっちゃ、と思ってます。

こういう、何気なくお互いを理解し・思いやり、提供し合うってのは良いことだと思います。

それにしても........「うまい棒」多過ぎっ!!


★クリック1つでブログランキングにご協力戴けます! m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハッピーバースデイ!、'2013.08

8/23に全社定例会(現在は毎月1回)を行いましたが、通常は第二週目を目処にしています。

今月は、某客先にて保守・拡張開発に携わっているチームメンバーが「月後半でないと参加が難しそう...」ということでこの日の開催を予定したのですが.....
蓋を開けてみれば、結局そのチームメンバー全員が業務多忙で帰社不可能。

参加者数にボッコリ穴が開きましたが、仕方が有りません。

実は、請負案件で、社内で開発しているメンバーも納期的に厳しく、定例会の席にはいますが、心の八割方はプロジェクト・開発側に向いちゃってます。
まあ、実施するコンテンツ次第では注意を向けてもらうこともあるんですが。

Pict2582_2 Pict2578_2で、そんなこんなの多忙な毎日を送っているメンバー達ですが、8月が誕生日の者が1人(事業開発部の浅沼さん;ケーキを食べている表情が如何にも「疲れている」のは、私が写真を撮ろうとした時に無理にポーズを作ってくれた為です;(「仕様」とも言えますが...))。

それと、7月の定例会が流れてしまったので、7月の誕生日の蓑方さん。
前回の記事で紹介させて頂いた「本格的な振り返りワークショップ」を主導してくれた人ですね。

お誕生日、おめでとう御座います!!

いつも通りではありますが、
全照明カット!、ロウソクを燈したケーキを運び込んでもらいます。

(あ、ちなみに、今回のケーキは”K・Poche”(ケーポッシュ)のものです。(http://www.kpoche.com/))

Pict2579_2 Pict2580_2 そこで皆で「♪ハッピバースデイー、トゥーユー♪」の合唱!

今日は対象者が2人なので、席の概ね中間ラインから半分づつで、1名の名前を歌の中に織り込んでもらいました(対象者はお互いの名前を呼ぶように)。

事務所が2階なので、外の通りからも歌が聞こえているかも知れませんね?!

「何やってんだろう??」と思われてるかも知れません。


★クリック1つでブログランキングにご協力戴けます! m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »