« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月の記事

アクティブなんですよ、ウチの社長。

アスペアの現社長である小林は、確か大学時代にフットボールか何かスポーツをやっていたと聞いた事があります。
何故か長距離を走るのが結構得意だったとも。

しかし社会人になって、元来が「美味しんぼ」であり高カロリー食(特に肉系)大好きなのが災いし、2010年5月のある日、ついに体重が82kgに。
奥様から「ハニー(82)」との愛称で呼ばれたとか。

ここから一念発起して、計画的な運動と減量!

先ずは、元来得意であったはずのランニングから。
月間80~100km走ったそうです。

Photo

そして「谷川真理ハーフマラソン」(2011&2012、共に1月開催)の完走へ。

Photo_2


2012年、第1回京都マラソンではフルマラソン(42.195km)を、3時間52分で完走!(「サブ4」達成!!)

上記と並行して、それまでは未知の世界であったロードバイクの世界にも足を踏み入れ、公開レースの数々に参戦。
Photo_3


Photo_4


飲み仲間を同じくロードバイクの世界に引きずり込んでチームを立ち上げ、何と2012年の「つくば8耐久チーム戦」男女混合チームの部で優勝までしてしまいましたっ!

アスペアの事務所は町田(JR&小田急の町田駅近く)に有りますが、自転車(愛機)で都心部から出勤することも。

現在、アスペアでは「サイクルスポーツ.jp」(http://www.cyclesports.jp/)の機能拡張(パーツクチコミ・他)をさせて戴いています(アスペアから企画を持ち込んだのです)。

が、こちらのお客様を弊社の事務所に案内する際にも、社長と、そのお客様と一緒に、それぞれの自転車(愛機)で来社されたのにはびっくりしました!
(ウチの社長の小林が先導・道案内を勤めたわけです)

完全にロードレース仕様の自転車ですから、ビルの駐輪場に置くのはちょっと心配...
ってことで、弊社のロッカールームに2台のロードレーサー:自転車が並ぶという、珍しくも壮観な眺めでした。


★クリック1つでブログランキングにご協力戴けます! m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハッピーバースディ!(2013/11)

先に書いた「LEGOブロックで街づくり」ワークショップは、定例会のほぼ全ての時間を使い尽くしてしまいました。

そしてその後、毎月恒例の行事へと流れるように進む。
今月=11月の誕生日の人をお祝いするケーキ入場っ!!

.....と言いたい所ですが、毎回・一通り全般の事前調整を行っている私が「LEGOブロック...」の準備と進行を担当したものだから、頭が「LEGO...」で一杯で、ケーキ入場の役割を振りを忘れてましたっ。
あいたーーー。

まあいいや仕方ない、という事で「誰かお願~い」という雰囲気でいたら、若手が率先してパッパッと動いてくれました。
ありがと~~、感謝してるよーーー!

R0016753


ということで、今月の誕生日の、先に入籍したばかりの事業開発部の青柳さん。
お誕生日、おめでとう御座いますーっ!!!

自社企画案件は勿論のこと、請負・自社持帰り開発の案件のマネージメント(初期立ち上げだけヘルプ担当の予定だったのが、そのままより深く関わるに至ってます)、以前に納入した(上流工程から開発・運用まで関与した)顧客からの提案要望の調整に入ったり、.....もう、てんやわんや、八面六臂の大活躍です!!

挙式(日曜日)の2日前(金曜日)まで、白熱する開発の真っ只中にあって、どうなるんだろう.....と、見ている方が心配になるくらいでしたが、
一通りタスクはメンバーに振って、どうにか無事に挙式できました。

良かったですー。

R0016754


この日も、殆ど壁一杯の、付箋だらけの「かんばん」の前で、豪快にケーキをほお張ってました。

改めて、お誕生日、おめでとう御座いま~す!


★クリック1つでブログランキングにご協力戴けます! m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「LEGOブロックで街造り」をやってみた!

以前にこのブログで、「LEGOブロックで街づくり」をしてみたい!
.....と書きました。
http://aspire.way-nifty.com/majime/2013/06/lego-8a4e.html
(紹介サイト:http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1305/28/news059.html

あれから5ヶ月ほど経ちましたが、やっと実行に移しましたよ!

これまでに、
・プランニングポーカー
・仕様伝達ゲーム
・「Fearless Journey」ゲームをひとかじり
・スクラムを取り入れている実案件からの情報レポート
.....などをやって来ました。

そろそろ、スクラムを疑似体験するために「LEGOで街づくり」にチャレンジする下地は出来ているんじゃないのか?
そう判断しての計画・開催です。

R0016726R0016729R0016730R0016731










ブロックは、筆者の息子のブロック(もう使われていない)を利用。
開催時には3グループに分かれそうなのでブロック数が足りない!、ので、事務方のお子さんからもLEGOブロックを、急遽借りてしまいました!!

いやー危ない、危ない。

R0016732R0016736R0016738_2R0016739










定例会は全部で2.5時間の枠があるのですが、@ITで紹介されているコースは、ほぼ丸1日がかり。
試しに色々なパターンでタイムテーブルを考えてみましたが、どう考えても同じ構成で
2.5時間に収めるのは無理と判断。

R0016741R0016742R0016743_2R0016744_2





しかし、どう縮めても2.5時間フルに限りなく近い時間数が必要です。
ので、思い切って、今回の定例会は業務連絡以外のコンテンツは全て無くしました。

結局は、私がPO(プロダクトオーナー)を勤め、3つのプロジェクト(要求群:コンセプト・メモを含む)を提示することにしました。

システム開発部と事業開発部が一緒になって、普段のプロジェクトでは顔を合わせていないメンバーと組むようにします。

R0016748R0016749R0016750R0016751





また、プランニングポーカーのワークショップ経験者、「かんばん」をバリバリ使っているメンバーが、各グループに拡散するようにしました。
これで、グループ毎にナレッジが偏ることを少しでも防ぎます。

スプリント開始前に、
・スクラムの(今回使用する程度のほんの幾つかの)単語の説明(おさらい)、
・各種の前提条件(材料に依存することとか、「要求は荒い粒度でしか書かれていない」ことなど)
・SM(スクラムマスター;今回はファシリテーターであり、実質的にリーダーとも言える)の決定
.....などを行ないます。

今回はLEGOブロックを使いますが、殆ど触ったことの無いメンバーもいそうなので(実際にいました!)ブロックに慣れる為の時間も、数分だけですけど(...)設けました。

さて、スプリント・スタート!

先ずは、そもそも生産性が全く分からないので、開発スコープの決めようも無い。
山勘で(各グループの判断で)スプリントバックログを決め、タスク分割して、仮にプランニングポーカーを行なってみます。

で、ボリボリと実装!!

おおお~~、何か、思ってたんと違う!!

わいわい盛り上がってますねっ!
って言うか、スクラムとか何とかそっちのけで、ブロック作りにまい進してます!!
いや、意識が無いわけではないんでしょうが、ブロック作りが思いのほか楽しそう!

スプリントは2回、回すことにしています。
1回目でベロシティ(実生産性・実績)を計り、次のスプリントで行なうスプリントバックログの量を決める為に利用する.....
...という設定が限りなく眼中から消えて、
もう、要求リストに書かれた全てを実装しようと、全グループが熱く燃え上がってしまいました!!

あああ~~、.....
今回は私がPOとして3つもプロジェクトを発案したので、自分がボトルネックになって進行が遅れるんじゃないかと危惧していたのですが、誰もその点での質問や調整に来ない.....。

良いのか?
いや、良くない!!
こりゃ、明らかにワークショップ企画・進行役のミスだ!

でも、もう2グループは全開で燃え上がっているので、今更流れを変えるのは無理。

今回は、もうこのまま勢いを活かしつつ、方向修正できそうな部分だけに口を出しつつ、後は全体振り返り(KPT)であれこれ出す方向で行こう!...と、心の中で決めました。

いやしかし、使い慣れていないはずのLEGOブロック(結構、変な?形の、何にどう使うのか想像しにくい代物)を、上手く工夫して使ってます!

POとしては、少しは文句をつけてやろうと思ってたんですが、返って感心してしまう...。

いや、いかんいかん!、
ここは厳しい視点で、要求から外れている部分には、その旨のコメントをしなければ!

R0016756


各グループの各々に、スプリント&レビュー終了後に振返りも行なってもらいます。
これを2回繰り返す。

最後に、グループ相互の作品を鑑賞!?(本当はグループ毎のプレゼンの予定だったんですが、時間が押し過ぎて無理になってしまった)

最後の最後に、今回のワークショップ全体の振返り(KPT)を行い、それで全て終了です。

制限時間を10分も残して全ての要求を実装してしまったグループもあれば、
要求の一部の実装が間に合わなかったグループも。

でも、最初に「全ての実装は必要ありません」と断っておきましたし、本来の目的はスクラム・プロジェクトの疑似体験。

で、結果はどうだったかというと.....
実案件でスクラムを体験した蓑方さんを含むグループが、最もスムーズに進んでました。
当然と言えば、当然の結果、なんでしょうね...。

おまけに、その蓑方さんはLEGO大好き!
モチベーションが違います!!

グループ内の振返りの中で、「暑かった!!!」とコメントしたのは彼だけでした。

モチベーション、大事ですよね!!
人間なんですから!

でも、全体にワイワイと楽しくも熱く、知的にも刺激的な時間は過ごせたんじゃないかな。

次こそは、「スクラムの疑似体験」率の向上を成すべく、しっかり企画・運営したいと思います!!!


★クリック1つでブログランキングにご協力戴けます! m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »