« 「LEGOブロックで街造り」リベンジの企み... | トップページ | 顧客先でKPI分析 »

「はじめてのUX/UI講座」レポート

Pict2619 社内の若手3人組のなかの1人、トミーから、社外講習の「はじめてのUX/UI講座」(http://techacademy.jp/courses/8)受講レポートがありました。

「講座」といっても、要素知識の説明や実例提示は一部分(2時間)であり、殆どはワークショップに時間が割かれたようです(4時間)。

基礎知識の部分は、概ね下記のようなものでした。
IA(Informartion Architecture:理解の為のデザイン)とは?
UX(User Experience)とは?
・良いUXデザインをするには?
  ・日本のサイトは製品に重きをおきすぎている!、とのこと
  ・「Goods-Dominant Logic(製品)から Service-Dominant Logic(体験)へ
Customer Journey Map とは?
  ・ユーザーの体験を訪問から離脱までの時系列(横軸)の体験をアウトプットしたもの
    ・プラスの経験も、マイナスの経験も、両方とも!(経験の強度が縦軸)
  ・Mapの実例(スターバックス)

ワークショップの中身は、3~4名をチームとして「ディスカッションしながらWebサイト(料理サイトのTOP画面のみ)を作る」というもの(当日は4チームに分かれたようです)。

だいたい、下記のような流れで進められたようです。

※用意されたペルソナから一人選んで、詳細なシナリオを作る。
  ・ペルソナとは仮想の人物想定だが、細かな設定まで具体的に詰める。
  ・ペルソナの作成だけで結構な時間を消費してしまうので、当日は選択式で実施。
  ・ペルソナを元に、サイトでの体験を Customer Journey Map として作成してみる。
※用意されたレシピの束を整理する。 - カードソーティング
※サイトキャッチコピーを考える。
※実際にワイヤーフレーム(画面のモックアップ:手書き)を作成。
※各チームから発表する。

「万人に受けることを目指しても、結局は誰に対しても『そこそこ』のインパクトしか与えられず、成果を得られない」。
ペルソナの設定は、このような結果を避けるため、「ターゲットとして想定する顧客」に「刺さる!」コンテンツをデザインすることを目指すものです。

ペルソナシナリオの作成が重要で、
 ・ターゲットイメージ:名前や写真(イメージしやすいように掲載)
 ・ユーザーデータ:ペルソナユーザーの基本情報
 ・コンテクスト:ペルソナユーザーの日常
   ★これが最も重要とのこと!
   ・その人の生活に沿ったWebサイト作りが大切なため!
 ・プロブレム:ユーザーが今抱えている問題
   ・これに加えて詳細なペルソナのシナリオを書く。

で、設定したペルソナに従って、想定しているWebサイト上での体験:「Customer Journey Map」を作成してみます。

...と、ここまでやって来たことは、所詮は仮説の上に仮説を積み重ねたもの。
外に出て現実を見て、リサーチを重ねて検証していくことが必須です!

※その他:テクニック

カードソーティング
 ・付箋やカードなどを用いてコンテンツを整理する方法。
 ・複数人数で整理やコンテンツの可視化が可能。
 ・整理の基準はペルソナやcustomer Journey mapなどに基づく。
 ・お客さまは案外、自社サイトの問題点を理解していない。
   ・その為、カードソーティングなどで要素整理をしてから始めることが多い。

※:その他:Tips
 ・ユーザーはあまり文字を読まない(本とは別)。
   ・物理的な表示方式の違いなどで、紙などに比較して目が疲れるから。
 ・画面イメージやHTMLは、調査や設計が終了してから手書きで作成すると良い。
   ・パワーポイントやPhotoshop等で作成すると、見た目が整っており捨てにくくなる。
   ・Web画面で正確に再現するのは難しく、返って足枷になる...。

イメージ的な参考例として、同日のワークショップで作成された各チームの成果物の写真を掲載させて頂きます。 

1

2 

 

ちなみに、本人の、同講習を受講しての満足度は90点(100点満点として)でした。3_2 410点のマイナス分は、チーム内でワイヤーフレームを作成する時間が無くなり、自分のものがすんなり採用されてしまった(他の人の意見を多く取り入れたものに出来なかった)為とのこと。

1時間の休憩を挟んで、実質6時間の講習:ワークショップでしたから、これだけの濃い・深い内容を実施する上では限界だったのかも知れません。

いずれにしても、大変良い経験ができたと思います!

トミーの今後の実践・活躍に期待したいと思いますっ!!


★クリック1つでブログランキングにご協力戴けます! m(_ _)m

|

« 「LEGOブロックで街造り」リベンジの企み... | トップページ | 顧客先でKPI分析 »

定例会、勉強会など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「はじめてのUX/UI講座」レポート:

« 「LEGOブロックで街造り」リベンジの企み... | トップページ | 顧客先でKPI分析 »