« AngulerJSを動かしてみる! | トップページ | Eclipse/PDT+PHPUnit導入ページをアップ! »

OculusLiftDK2 お披露目!

7月の定例会の際に、「次回定例会では実機(OculusLift DK2)でデモを見せられるだろう」との山内さんの発言が有りましたが...

Pict2649
実現してくれました!!
、やったあっ!!

DK2の紹介に付いては、前回の記事を参考にして戴ければと思います(同じ事を2度書くのも何ですからね...)。
http://aspire.way-nifty.com/majime/2014/07/oculus-rift-dk2.html

OclusLift本体は、ちょっと見た目では大きな変化は有りませんが、赤外線センサーが付属しています(小さな赤外線発信器が増えて、Oculus本体側が受光する)。

これで、例えば顔を前に突き出した時とか、同じ立ち位置で座ったり・立ち上がったりを検出するとのこと(赤外線の受光範囲から外れると、その旨のエラーがゴーグル側の視野中心に表示されます)。

Pict2651
次々と列を成して、体験の順番待ちをする面々。
特に、現時点で社内唯一のデザイナーであり、個人的にTVカメラでの撮影経験の多いトミーは大興奮のノリノリでした!

デモではレンガ造りの家の中(窓から外を眺めたり、階段の昇降もある)・外の庭などに移動できるのですが、一番長い時間・仮想3Dの世界に浸っていたんじゃないでしょうか。

Pict2652
どうしても実世界との違いは有るので、個人差は大きいようですが「3D酔い」をします
トミーはこの点でも、耐性が強いようです。
ほほー。

で、私も覗かせて貰いましたっ!

おーっ!、こりゃ面白い!

確かに以前のモノより画面の精細度が増していて、でも反応が速くなっているので抵抗感が少ないです!

窓辺に寄って、顔を突き出すと、外の景色の見える範囲が広がります!
立ったり座ったりすると、周囲の景色も3Dで位置変化します!

階段、駆け上がるのが速いー!
おおー!、下の階が見えるよ!(当たり前だけど)

うおっと.....。
ちょっと気持ちが悪くなって来ちゃいました。 この辺にしときましょう。

さてさて、これから、このデバイスを活用して、どんなコンテンツが出て来るんでしょうか?
ウェアラブルデバイスや、Microsoft の Kinect のようなデバイスとの連携で、仮想世界や拡張現実の世界を展開するようなソフトが出て来るんでしょうかね??
(でもちょっと、長い時間のプレイはきつそうな不安も残りましたが...)

ともかくも貴重な体験をさせてくれた山内さんに、今回も感謝・感謝です!

どうも有り難う御座いました!!!


★クリック1つでブログランキングにご協力戴けます! m(_ _)m

|

« AngulerJSを動かしてみる! | トップページ | Eclipse/PDT+PHPUnit導入ページをアップ! »

定例会、勉強会など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: OculusLiftDK2 お披露目!:

« AngulerJSを動かしてみる! | トップページ | Eclipse/PDT+PHPUnit導入ページをアップ! »