« Eclipse/PDT+PHPUnit導入ページをアップ! | トップページ | かんばんボードを改善!(リーン開発より) »

時にはデザイナー視点から...

アスペア社内唯一のデザイナー(兼・プログラマー)のトミーが、「Illustrator CS6」(ローカルPCで動作する、非オンライン版=ローカルインストールの最終版)の使い方を、現在業務を例にとって触りの部分を教えてくれました。

Pict2640
グラフィックスにはベクター形式とラスター形式が有って...
という、情報処理の基礎中の基礎から話が始まったので、大丈夫かいな?とちょっと心配になりましたが、要は「ベクター形式なら部品化・変形・拡大縮小が自由なので変更への自由度が大きい」というお話でした。

現在、「サイクルスポーツ(サイスポ)」(http://www.cyclesports.jp/)の「クチコミ」その他の動的なサービス部分のデザイン、スマフォ対応を中心として、キャンペーンや付加的な機能、導線の見直しに伴うデザイン変更などで大忙しのトミー。

デザイン以外での技術面での設計・実装担当の蓑方さんと連携しながらも、週に何日かはお客様の元で終日の打合せ・制作、レビューなども行って戴きつつ、密にコミュニケーションを取りながらスピーディな対応に追われる毎日です。

未だ仕様未確定のHTML5ですが、確定なんぞ待っちゃいられません!(←これは何処でも同じでしょう)。

視覚的に魅力のないサイトはアクセスや滞在時間が減る一方

アクセス解析とその結果分析も行いつつ、どのように改善してゆけば良いのか?自体もWeb検索で答えを模索するというのがトミーの毎日でもあります。

頑張れ!、トミー!

明日は、どっちだ?!(「あしたのジョー」を知らないと分からないネタで御免なさい...


★クリック1つでブログランキングにご協力戴けます! m(_ _)m

|

« Eclipse/PDT+PHPUnit導入ページをアップ! | トップページ | かんばんボードを改善!(リーン開発より) »

定例会、勉強会など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時にはデザイナー視点から...:

« Eclipse/PDT+PHPUnit導入ページをアップ! | トップページ | かんばんボードを改善!(リーン開発より) »