« DBFluteって、凄いんだぜ! | トップページ | Wicketって知ってるかい? »

有言実行か?、内緒で実行か?

大抵の会社さんで、社内SNS的なモノ、情報共有・告知系などの機能を併せ持った、社員専用のWebサイトを構築・運用されていることと思います。

アスペアの場合も同様です。

※各人の簡単なプロファイルから、
※業務的な全社共有ニュース、イベント予定、
※社内・社外研修の告知、参加者募集、
※開発業務や研修で得られたナレッジ群を集めたページ(全社定例会で実施したコンテンツ等も含む)
※所属プロジェクトの概要&顛末&振返り内容など、
※各人の思い思いを好きに書き連ねるブログ、
※就業規則のような、ほぼ静的なコンテンツ
※等々.....

これらの他に、各人が自分で作成した、自身の計画や目標なども公開・共有しています。

※キャリアプラン(概ね10年をスパンとして設定)
※MBO(Management By Objectives);1年分の目標設定
  ・全社目標とリンクした設定(1つ以上)
  ・個人目標(キャリアプランとリンクした内容)(1つ以上)
  ・自己啓発(必ずしも業務に直結する要素でなくて良い;外国語習得とか、体力向上とか...)

これらを共有することで、
ああ、公開しちゃったんだから頑張らないとな...」とか、「あ!、これ目標にしてたんだっけ」とか。
業務が多忙になると(特にロールが高かったり、担当ロール数が多かったり、コミュニケーションや調整タスクが業務の多くを占めたりするとするとなおさら)、
せっかく設定していた目標を忘れがちです。

無我夢中で業務にまい進することで得られるものも有るとは思いますが、やはり「自分が進みたい方向」・「身に付けたいスキル」は意識のどこかに置いておかないと、結果を得るのは難しくなります

その点では、社内専用サイトで公開してしまう!、というのも1つの手段(各メンバーにとってメリットのある)なんじゃないかと考えてます。

ちなみに、前述のMBO(年間の目標設定;実現方法やマイルストーンなども書ける範囲で書くようになってます)は、考課にも適用されます(しかも、考課上の比重が高いです)。

得られた成果(内容によっては「プロセス」自体も含みます)は、主に賞与に反映されます。

ここで、得られた「成果」と書きましたが、何を以て成果(=達成)と判断するのか?
達成を判断する為には、指標とレベルの事前定義&認識の共有(考課する側と、受ける側との間で)が必要です。
が、これもMBOの中に記述するようになっています。

年度初めにMBO設定をするプロセスで各グループの上長や、必要であれば適宜で他のメンバーなどと相談して仕上げて行きます。

勿論、キャリアプランとリンクした目標を達成して行けば、基本給のランクがアップしていくことにも繋がります!

目標設定でよくある勘違い、と言うか本質から外れてしまうケースなのですが、
例えば「○○の検定試験(情報処理系)に合格する」を目標に挙げる...。

これは、望ましい目標設定としては「ある方面の知識的なスキルを一定基準満たす(設定したキャリアプランから導出される内容である)。それを公的な基準で証明する」でなければおかしい。

所属する会社組織の全体方針・指示として「○○の検定試験に合格せよ!」(そのこと自体が会社の収益に結び付き、各個人へも反映されるとか)とある場合には、「合格」が目標になっても良いかも知れませんが...。

通常ならば、「○○の検定試験合格」は、本来的な目標達成の為の指標であり基準の一つです。

手段を目標に据えてしまっては拙いですよね


★クリック1つでブログランキングにご協力戴けます! m(_ _)m

|

« DBFluteって、凄いんだぜ! | トップページ | Wicketって知ってるかい? »

硬めの話し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 有言実行か?、内緒で実行か?:

« DBFluteって、凄いんだぜ! | トップページ | Wicketって知ってるかい? »