« JJUG(2015)に行ってみた! | トップページ | 調査しました;JSテーブル群 »

我々にとっての「ナレッジ」って何だ?

4月の定例会は17日(金)でした。

前回の定例会で行った「ゲームストーミング」から、「そもそも、ナレッジって何だ?現実的に我々にとって有意義な定義は何なのか?)」って話題が持ち上がりました。

Pict2706
...で、それじゃ次回の定例会でそれについてディスカッションしてみようじゃないか!
ってことになって、今回に至ってます。

前回に引き続き、三文字さんが司会・進行、と言うかファシリテーター?!

Pict2710
「ペルソナ」を想定することで具体的な視点からアプローチしてみよう
(白板の上では、自社内の(丁度、業務都合で遅れていて未だ席に付いていなかった)「徳田さん」をペルソナとして仮設定してますね...)という流れ。

しかし、出席者達が思い描いていた展開と違っていたのか、「ペルソナ」を設定して思考するというパターンに慣れていない為なのか?、意見が活発に出ません。

そこで、三文字さん。
進め方を変えて、「ペルソナ」というキーワードは使わず、要は各人自身が思い描くペルソナ(大抵は自分自身かな)が「どんなナレッジなら利用するか?」という方向からのアプローチに切り替えました。

これで、通常のディスカッションの勢いが出て来ました!!

以下に、出てきた意見を要約します。

どういうナレッジだったら利用するか?
  ・寿命の長いもの
  ・英語の最新情報
  ・調べて出てこないこと
  ・実際にやってみた結果、成果物、チェックリスト
  ・アプローチ、感覚的なこと、経験・判断プロセスの方が知りたい(←暗黙知ですね)
  ・仕組み、体制、決断した理由、経緯(←プロセスや背景に潜む暗黙知?)
  ・生々しい情報(←具体例)
  ・作業など効率のよい方法
  ・表面だけでなく途中の試行錯誤も知りたい(デザインなど)(←これもプロセスに潜む暗黙知か)
  ・完成形だけでなく、途中で没になった裏図面。(←ボツや失敗事例にナレッジが多い!)
情報が多くて何が有効かわからない。
  ・その中から選択した経緯を知りたい。
  ・プロセス、過程、結果、テーマ
得られたナレッジを外部公開して世間の荒波にもまれるのも良いのでは?
  ⇒調査結果とか、まとまったモノは幾つか出させて戴いてますが...。
QA用の掲示板が欲しい
  ・自社内でも質問を出せる状況にしたい!
調べ方自体をが知りたい!

以上を踏まえて、ToDoとして下記のモノが挙げられました。

⇒SlackにFAQチャンネル、knowledgeチャンネルを作成する!
  ⇒週報を待たず、即時性のある発信・記録手段
  ⇒スマフォアプリも存在し、新着通知機能も有る
⇒週報に苦労したことの詳細を書く!
  ⇒プロセスなどの共有に活用
⇒事前に話題を決めず、定例会の中で話題を出してディスカッションするというパターンも有用では?
  ⇒次回は、今回の話題フォロー、&適宜で新たな話題出しを行う!
  ⇒箕方さんが次回ファシリテータ。(三文字さんが指名しました!)

    ⇒次々回以降は、当日のファシリテータが指名していく

今までも適宜で散発的に行われていた事ではあるのですが、明確に手段とフローを具体化&共有したことに意義が有ると思います。

どんなふうに回るか分かりませんが、先ずはやってみましょう!
何回か回してみて、振返って考え直す・改善して行けば良いのですから!


★クリック1つでブログランキングにご協力戴けます! m(_ _)m

|

« JJUG(2015)に行ってみた! | トップページ | 調査しました;JSテーブル群 »

定例会、勉強会など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 我々にとっての「ナレッジ」って何だ?:

« JJUG(2015)に行ってみた! | トップページ | 調査しました;JSテーブル群 »