« 調査しました;JSテーブル群 | トップページ | デブナイと4月の誕生祝と... »

英語漬けだよ!

社内でのコミュニケーション、ドキュメンテーションは全て英語に統一するっ!

.....というお客様が、徐々にですが増えて来ていますね

とは言え、ある程度の企業規模になると、さすがに一気に、全部署で均等に移行!という訳にはいかないようです。

Pict2711ですが、長部さんの業務先部署は最も英語化が進んでいる方のようで、「英語しか話せない(或いは他の外国語も話せる)日本人以外の人達」人が、どんどん増える一方

更に、所属部署では基本的な開発プロセスとしてスクラムを採用しています。
で、長部さんの所属チームのスクラムマスターは「英語ネイティブ(日本語まるでダメ)」!

アスペアの中では、比較的・英語との実戦的な付き合いの長い長部さんですが、「読み・書きは大丈夫だけど、聞く・話すは苦手...」とのこと(ちなみに、以前は「InfoQ」記事の翻訳副業もやっていたそうです)。

長時間の会議で、資料よりは口頭のやり取りが重要な場で、しかも長時間に及ぶような会議は結構辛いそうです...。
「みんながドッと笑うような場面では、苦笑いするしかないですね...」とも。

そんな長部さんが気を付けていること、体得した経験則をまとめてみました

・スクラムマスターに英語で伝える・会話する必要アリ。
  ⇒口頭ベースが苦手なので、文字ベースを併用する方向...
  ⇒HipChatで最初にテーマを書いて共有してから、会話しに行っている

・とにかくおかしな英語でも、日本語を混ぜてでも構わずに話す。
  ⇒躊躇せずに、とにかく吐き出すことが大事。

・会話が過熱(高速化)してきたら、
  ⇒翻訳できる人を介して話す。
  ⇒途中で会話を止めて、文字で整理してから、再度・会話を続ける

・日本語ででも、最初に概要を出してから声をかけるのはよいやり方。

Pict2712「もう、言わないでもいいか...」という選択肢は無い!

会話して、事実や認識を出来る限り共有する。

知っていること、持っているアイデアは絶対にぶつける。

既にベテランの域に入っている長部さんですが(見た目はスゲー若い!)、年齢や経験年数に関係なく皆とコミュニケーションを取り、チームの雰囲気を良くすることが得意(大好き!)。

とは言え、英会話は苦手でも、文字ベースを含め何としてもコミュニケーションを必要十分に取ることで、プロジェクトを成功に導きたいというプロ意識も強い!

柔和だけど筋は通すぜ!
...と、そんな長部さんの人柄を示すエピソードでもあったと思います。


★クリック1つでブログランキングにご協力戴けます! m(_ _)m

|

« 調査しました;JSテーブル群 | トップページ | デブナイと4月の誕生祝と... »

お仕事な日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 英語漬けだよ!:

« 調査しました;JSテーブル群 | トップページ | デブナイと4月の誕生祝と... »