« インセプションデッキ・ワークショップをやってみた! | トップページ | 即興ディスカッション(お試し) »

ワークの案件設定を公開します。

前回の記事で、「インセプションデッキ・ワークショップ」を行ったというお話をしました。

その中で「仮想案件を設定して進めた」旨の記載をしたんですが、その案件の具体的な内容は書きませんでした。
理由は簡単で、「長ったらしくなり過ぎるから」です。

が、もしかして、このブログを見て戴いた方で「ウチでもやってみっか!?」と思って戴いた方もおられるかも知れない...。

「仮想案件」と言っても、簡単そうで意外と設定が結構・面倒臭い(←ぶっちゃけの話)

実際に関わっているメンバーがいる案件では、現実の様々な不可避の条件に縛られたり、事前情報・条件認識に差が出てしまいます。

かと言って、まるで荒唐無稽の設定では話にならない。
メンバー達が経験したことも無い、想像すら難しいような設定ではワークショップとして盛上れない。

ほぼ全員が(余程の新人は別としても)、設定内容を聞いて「ああー、なるほどな...」と肌で?感じ取れる内容
それでいて、結果が「誰が考えても、これしか答えは無いでしょ?」となるような設定でもつまらない。

ワークの後で、各チームからデッキの発表を行ってもらう訳ですが、
その時に「あー、うちらのチームも似たようなもんだー」じゃ盛上らない...。

「え?、何でそうなるの?」
「ああ、そう来たわけね!」、「じゃあ、この点はどう考えるの?」
...とか、各人の経験や判断・価値観の差異が出るようにしたい。

そこから、形式知や暗黙知がいろいろと出て来るはず。

そこを共有していくのも重要な目的の1つですから!

という事で、今回、我々が設定した仮想案件を原文のまま紹介させて戴きますー。
(もし宜しければ、ワークの設定の叩き台としてでも利用して戴ければ幸いです)
(その場合[↑]は、このブログに簡単にでもコメント戴けたら感謝・感激です!)

★仮想案件の設定

・既存の不動産系のBtoCサイト/サービスが有る (同様サービスの中ではトップグループのシェアを持つ)
・画面の遷移的に、導線が遠い、分かり辛い、操作しにくい、見た目は悪くないが実態は如何にも旧式のUIだ
  ・最近流行の、動的反応のある、アクセスして楽しいUI・UXにしたい
  ・導線を短くし、成約に近付けたい (画面遷移・機能配置・操作性なども要見直し)
・ソースコードも品質が低く、メンテナンス・コストが上昇する一方でそろそろ限界。不具合も出易い(増加傾向)。
  ・セキュリティ面も怪しい...(事故が明確化した事例は未だ無いが)
バックオフィス系も同様(同上)、機能的にも弱く運用コストがかかっている(改善余地が多分にある)
全体を一新したい! (フロント&バックオフィス)
  ・殆ど全て作り直すしかないだろうと考えている
  ・幾つかの古くなった機能のカットや代替機能の追加等も含めたい
  ・スマートデバイス対応にしたい
  ・幾つかの外部サービスやサイトとの連携機能を組み入れたい
  ・性能的な課題は特に無い
・競合サイト/サービス等も有るので、早くリリースしたい
  ・既存サイトは同業界内では比較的先行しシェアも握っているが、後発の競合サイトにシェアを取られつつある
  ・3~4ヶ月後を目途にリリースしたい! (←あくまで顧客要望)
  ・画面数は60程度、バッチは各種30本ほど
  ・既存仕様は完全にはドキュメント化されていないが、全てを認識している運用担当者がいる。
  ・内部設計に関するドキュメントは当てにならない。
・運用は顧客内のチームが担っている (開発的なモノは適宜で外出しして来た)
・現行のデータの移行も必要 (ほぼ全てRDB内)
  ・データベースは約100テーブル
  ・最大件数は100万件(レコード)程度
・システムの想定寿命は、(保守開発など含めて)8年程度?(業務処理部分はもう少し長い?;UIは寿命が短いと考えている)
・アクセスの時間帯的な集中度はそれほど高くない
・既存の他システムとの密連携は無いものとする(並行開発システムなども無い)

.....これだけです。

今回のワークではデッキは2つ(詳細は前回分の記事を参照願います)しか作りませんでしたので、これ以上の設定は邪魔でしか無いとの判断です。

敢えて「完全新規案件」に設定しなかったのは、「何とかなるんじゃね?」と思わせつつ、「いやいやいや、無理難題でリスクまみれだろう!」と悩んで欲しかったのが1つ

あとは、現実的に大抵の顧客は既に何らかのシステムやサービスを持っていて、改修や機能拡張、UI・UX強化(ユーザーから見ればイメージ刷新!)を行いたいというケースが多いから(これは弊社の受注ベースでのお話にはなりますが)です。

自社企画プロダクトの設定にしなかったのは、現時点では未だアスペアの収益の多くが「顧客からの開発要望に応える」に寄っているからです。

出来れば週明けからでも(ワーク実施は金曜日だったので)、現実の現場でアプローチしてみて欲しい!
せめて、現在仕掛っているプロジェクトで「デッキがあるとしたら、どんな内容になっているんだろう?」・「どうあるべきだろう?」は、ワーク当日の帰宅の移動中にでも考えてみて欲しかった

さて、どうでしょう?

何らかの変化が見られるのはいつの日か?、どんな形でなのか?
それとも変化としては認識できないまま時間が過ぎて行ってしまうんだろうか?

.....等と想いつつ、次回の想定時期や内容を考えていたりします。


★クリック1つでブログランキングにご協力戴けます! m(_ _)m

|

« インセプションデッキ・ワークショップをやってみた! | トップページ | 即興ディスカッション(お試し) »

定例会、勉強会など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワークの案件設定を公開します。:

« インセプションデッキ・ワークショップをやってみた! | トップページ | 即興ディスカッション(お試し) »