« インセプションデッキ追加の追加レポ | トップページ | 即興ディスカッション;その2 »

出産・育児休暇明けの日々は?!

約8.5ヶ月の出産・育児休暇から復職(4月半ばから徐々に)した、Jinさん(仮称)
今は、弊社アスペアの事務所内の「町田ラボ」にてバリバリ活躍中です。

そんなJinさんに、(社内的な様子の確認を兼ねて)改めてインタビューしてみました

先に経過を簡単に書いてしまいますが、2014年6月下旬に産休開始。
2014年8月1日に、ご出産!
2015年4月半ばから、お子さんの状態を見ながら在宅勤務も含めて徐々に慣らし出勤。
5月頭から公式復職
です。

はて、前述の「町田ラボ」とはナニか?
都内のある顧客先に常駐しているメンバーが数名いて開発支援を行っているのですが、それとは別働隊として町田にタスク吸収が出来るソフトウェア工場のようなものを設けた(数名で対応する)ものです。

チケットベースで駆動されているプロジェクトで、保守開発・運用フェーズのタスクが山のようにキューイングされている為、先ずはこれに着手している状態(今後は新規揮発側に回る方向です)。

で、Jinさんは町田ラボ組の組長さん...じゃなくて、窓口役です。
(公式に「リーダー」とは呼んでいませんし、「リードする人」(&される人)という認識もメンバー達には持って欲しくないですね!)
社内での公式には、「副グループ長」と呼んでます。

ちなみに、アスペアでは未だ、俗に言うSES型での稼働人数の比率の方が高いのですが、戦略的な例外を除いては「ぼっち状態」(1人だけで顧客先に常駐)を作らないようにしています
特定顧客対応、或いはプロジェクトに複数名を割り当てる。
1つの顧客(複数プロジェクトにメンバーが分散していても)への対応を「グループ」と呼び、グループ長を設定します(人事考課の面談も、最も現場稼働の実態を把握しやすいグループ長が担当します)

人数が多くなったり、複数プロジェクトに分かれたり、物理的に離れたりした場合に、副グループ長を設定します(←Jinさんの場合が、これに当たります)

.....で、やっとインタビュー内容の紹介でーす。

育児中に(復職に関して)不安を感じた?
 ・不安はいろいろありました。
 
・特にどんな仕事に就くことになるかが不安でした。子供の体調等で、早退や急な休みが頻繁になると聞いているので、今までやっていた客先常駐型の仕事だと続かないのではというのがまず不安でした。
 ・また、元々定時で帰宅することが少なく、必要ならどんどん残業していたので、それが出来なくなると、これまでと同じように貢献するのは難しいと感じました。

復職後に感じたこと?
 仕事上で..
  ・社内;
    ・勤務が不安定(1日の稼働時間数、出退勤時刻)でも大丈夫なので大変有難い!
    
・「戻ってくる場所を作っておかないと」と、山内(顧客先組)・青柳(新社長)が頑張ってくれた!
  ・残業なしで帰れるのは、子供のお迎えをする上でとても助かる!
    
・在宅でも作業補完が出来る(業務稼働として認められる)のも助かる。
 生活全般では..
  
・とにかく忙しい...
  ・時間を効率的に使うことに頭を使う。
    
・休む暇が無い;隙間時間が無い;
    ・通勤が無い(在宅勤務OKだ)と、返って生活の密度が濃くなる!
  
・保育園・職場・自宅が近いのは本当に便利です!
    ・子供が、「休ませるほどではないけれど、少し不調そう」という微妙な体調のときでも登園させ、体調が悪化したらすぐに迎えに行くことが出来る。片道1時間以上かけて出勤したのにトンボ帰り、などということになると精神的にとても消耗するが、それがない。

復職後の復調度合いは?(自己判定で何%くらい?)
  ・残業できない点を除けば、元通り動いていると思う。
    
・(客観的に傍で見ていても、かなりバリバリに稼働してます)
    ・(...と言っても、彼女独特の細やかな気遣いと「ゆるふわ感」で、決してギスギスしてません)

戻った点・戻りにくい点は?
  ・夜中に子供に起こされる(夜中に3回位);実質の平均睡眠時間は5時間弱くらい?
    
・眠くて辛い...;早く落ち着いてくれると有難いが...
    ・元々の睡眠時間は6~7時間だった

「働くこと」への夫の理解・認識は?
  ・基本的な理解はOK!
  
・昨年中の早い時期に、実家近くに引っ越してくれた(夫の通勤は遠くなった)ことが最大の協力、かな?
  ・夫の帰宅時刻が遅い;特に最近は多忙時期で、午前1時帰宅...
    
・子供やJinさんが起きる・活動するのに伴って目が覚めてしまうので寝不足らしい...
  ・家事・育児の協力を得るという点では、実質的に難しいか...

その他・何でも...
 ・保育園にゼロ歳児を入れることには入園前は不安もあったし、かわいそうとも感じました。
   
・けれど、園では家庭だと難しい体験をたくさんさせてくれるので、今では良かったと思っています。
   ・例えば絵の具で手形や足型を取るなどの制作や、年上の子に遊んでもらう兄弟がたくさんいるような経験などは、家庭では出来なかったと思います。
  
 ・家庭では、帰ってから目いっぱい可愛がってあげればいいと思うようになりました。

今は、社内的にも「町田ラボ」が立ち上がったばかりなので、Jinさんの帰宅後もスキマ時間を見付けてフォロー稼働してくれてます。

稼働開始&終了タイミングで、slack上でつぶやくるルールにしているので、活動実績としても記録が残る仕掛けです。

それにしても、睡眠不足&まったりできる時間が殆ど無いってのはキツイですよね...。

早くお子さんの夜の睡眠時間が長くなってくれれば...
町田ラボの他のメンバーが立ち上がって、Jinさんの負荷を下げてくれればと願っています。


★クリック1つでブログランキングにご協力戴けます! m(_ _)m

|

« インセプションデッキ追加の追加レポ | トップページ | 即興ディスカッション;その2 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出産・育児休暇明けの日々は?!:

« インセプションデッキ追加の追加レポ | トップページ | 即興ディスカッション;その2 »