« ミーティングテーブルの混沌と誕生日と | トップページ | ITエンジニアの資格・検定って?! »

はじめの一歩は誰が踏み出す?

日常の業務の中で、「あ!、これは、こうした方が良い!」と気が付くことがあります

勿論、熟慮してから行動した方が良いことも少なくないとは思いますが、
例えば、ちょとした情報不足とか勘違い、手順の抜けとか、
既存情報の記載表現が分かりにくい(分かっている人にしか通じない)とか、
1つ前に(簡単だけど)1つだけ必要な手順が書かれていないで手間取った、とか...

何処か共有できる所に書いておけば、あとで同様のミスや迷い・時間の無駄やストレスを防ぐことが出来たりします

「まあ、あとで書かいとこう...」

『あと』は永遠に訪れません。
或いは、誰かが改めて同じミスを犯すまで訪れません。

ここで、「それじゃ、ここ(例えば情報共有Wiki上のプロジェクト・トップから近いページとか)に書いちゃえ!」と、直ぐに行動できる人

忙しくても、自分自身を含めて後で絶対に誰かが困ることに、ちゃんと気が回る人。
「直ぐに動く習慣」として、自分自身に持たせた人がいると
そのプロジェクトは少しづつ、着実に幸せになりますね

他のメンバーの良いところは見習う・マネをする。
そういった、当たり前の文化を持ったチームや会社のメンバー達は、お互いを少しづつ幸せにすることが自分の喜び・幸せにも繋がることを知っているし、可能な限り実践を続けています。

もう少し難易度の高い点で言うと、顧客先での常駐開発の場合などで、
「ドキュメントが無くて(古くてメンテナンスされていなくて意味が無くて)誰もが暗中模索の状態」なときに
自分の担当チケットを前倒しして消化して、「先ず業務フローから俯瞰できる資料を作らせてくれませんか?」とリーダーやマネージャにお願いしてみる

目先の成果物や、上辺だけの進捗管理ツールで見える進捗率に捉われているマネージャさんとかなら話は別ですが、
まっとうに「プロジェクトを成功させる!」方向に目が向いている方ならば、有り難い申し出・有り難いアクションとして歓迎して頂けます。

少なくとも、アスペアのメンバーに決裁権限が有る場合には歓迎します。

で、一度、業務を俯瞰できるドキュメントが出来て見ると、便利。 はかどる。 ラク。

厳しい工程のプロジェクトであっても、「予定工数の中に、このレベルのドキュメントだけは作成する予定工数として含めておこう」という方向に流れが出来て行ったりします。

こういった、大小のレベルで「始めの一歩」を踏み出してくれるメンバー達が、アスペアの中には多くいてくれます

声を掛け合う、相談するは勿論のこと、先ずは動いて見よう・少しでも良い方向を考えてみよう

そんな姿勢と行動を普段から何気なく(或いは悪戦苦闘しながらも)取ってくれるメンバーたちを誇りに思えます!

...と、そう言える、ブログに書いて皆さんに公開できることは本当に幸せです!


★クリック1つでブログランキングにご協力戴けます! m(_ _)m

|

« ミーティングテーブルの混沌と誕生日と | トップページ | ITエンジニアの資格・検定って?! »

お仕事な日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: はじめの一歩は誰が踏み出す?:

« ミーティングテーブルの混沌と誕生日と | トップページ | ITエンジニアの資格・検定って?! »