« 実務からスクラムの話を共有した。 | トップページ | クワドラプル・コンボ! »

デザイナーでなくてもCSS!

10月の全社定例会では、
社内での業務案件群に対して横串で稼動している、主にデザイナー(CSS、JavaScriptコーディングを含め)の役割を務めている、若手のトミー佐藤さん; アスペア内には「佐藤さん」が4人います...ので、旧姓で呼んだり、あだ名で読んだりして混乱を回避してます)が、
CSSの無名クラスの利用例、メリットの説明などをしてくれました

Pict2790コンシューマー向けのサイト構築・大幅改変などの場合、外部のデザイン専門会社に発注することが多いかと思いますが、
一定レベルまでイメージを詰めた後は、デザイン系のソースコードも開発者側の管理下に入ってしまうことが多いかと思います。

勿論、最初のコンセプト詰めの段階からデザイナーとステークホルダーが適宜・リアルタイムで話し合いながらデザイン、UI/UXなど詰められれば良いのでしょうが、
自社の開発部署の中にデザイン選任グループまで抱えられるのは、ゲームやゲーミフィケーション要素の高いサービスを展開しているような場合に限られるのではないでしょうか。

或いは、複数プロジェクト/サービスのデザインを兼任するか、外部からのデザイン受注も並行して行うか、などのパターンになるかと思います。

外部のデザイン会社から、最終稿として受け取ったHTML/CSSファイル群などは、適宜でプログラムコードを埋め込んだり、プログラム側に一部取り込んだりなど(使用言語&フレームワークにも依存)してしまうので、
再度、デザイン会社に依頼し直すには、いろいろと無理があります。

Pict2793なので、開発者にも(全員に均等に、という訳ではありませんが)UI/UX、デザインの基本原理の理解とセンスが必要になります。
サイトのフロント&バックエンドの両方を自在に開発/メンテナンス出来るメンバーである為には、
CSS/JavaScriptの突っ込んだ実戦的な知識が不可欠になります

アスペアの中で、デザイナーと開発者の間を取り持ったり、最終稿以降のメンテナンスを行ったり、新規にページを追加したり、画面遷移を変えたり、その他諸々...
勿論、新規でサイトを構築する場合も含まれるのですが、
そういった役割をほぼ1人で背負って立つのがトミーですっ!

必然的にCSS周りは社内で(恐らく)一番詳しいでしょうし、クラスやファイルの構成ガイドライン、コーディング・ガイドラインも独自に整理・集約して適用してくれています。

定例会でのコンテンツとしては、10分間の枠で「IT-Tips or 5分間スピーチ」(質疑を含む)で、極一部のみ展開してくれたのですが、
あれこれ質疑が割り込んでいくと、あっという間に10分間の時間を消費し尽くしてしまいました。
(そりゃそうだ)

もう少し枠を広げて(時間も、共有範囲も)、次回に再度実施して欲しい!/やりしましょう!って話になりました。

負担かけて申し訳ないけれど、
(人に教えるのは、自分自身の理解を深めたり、知識の抜けを補完するチャンスでもありますから)
宜しくお願いします!、トミーさん!!


★クリック1つでブログランキングにご協力戴けます! m(_ _)m

|

« 実務からスクラムの話を共有した。 | トップページ | クワドラプル・コンボ! »

定例会、勉強会など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デザイナーでなくてもCSS!:

« 実務からスクラムの話を共有した。 | トップページ | クワドラプル・コンボ! »