« 時間が無い!(by J) | トップページ | 燃え上がれ!、ガンダム!! »

町田ラボの庶務効率の改善をしたぞ!

2015年・最後の全社定例会が12/11にありました。
(ちなみに、定例会の後は忘年会だったので、今回の定例会も通常2.5h⇒1.5hの短縮バージョンです)
(家庭持ち、小さなお子さんがいるようなメンバーには、この方が負担が軽いですね)

Pict2807で、速形さん昨年の4月入社:専門学校卒で、業界で約1.5年余りですね)から、
「開発業務に於ける庶務的な作業効率・精度を上げてやったぞ!」の発表がありました!

速形さんは現在、町田事務所内で町田ラボの一員として稼働してます。

現時点では、同ラボが対象にしている顧客・プロジェクトは2つ(今後、体制と共に対応顧客数も増やしていく方向です)。

で、その対応顧客の1社に対しては、実績稼働を申告しなければなりません。
(要求されなかったとしても、原価と売上の比較、生産性の算出⇒問題点の抽出・改善、などの必要性があります)

そこで、実際に手を動かす(時間を取られる)シーンとして、
  ・週次報告 2h/週 (相互チェック含む)
  ・月次報告 7h/月 (相互チェック含む)

...が有ります。

20151211171754基本はチケット駆動で開発・保守作業を行ってはいますが、
社内的な業務知識の共有、全員が行うような一般的な庶務作業、ナレッジ交換の為の相互の割り込み対応など、
様々な点から細かな時間が削り取られて行きます

それらの全項目の詳細を記録する訳ではありませんが、少なくとも、「顧客に工数請求する正当性のある工数」なのか、
「社内的な業務として扱うべき工数」なのかは判断・分類して記録しなければなりません。

ところが、そうです。 こういう「記録の手間」って結構面倒くさいんですよね!

思い出す、分類判断・場合により相談、書き間違い、集計間違い...

1人が1シートを作成するような業務報告とは違い、「町田ラボ」としての工数を算出・報告するのが目的の1つですので、
単純に、Excel使えばOKじゃーん!
って訳には行かないんですね(だからと言って、リーダーがまとめて記録する、なんて愚の骨頂ですよね!)。

20151211172025Redmineは既に利用しているので、プラグインでも書けば良いのでしょうが、Ruby...。
速形さんは未経験なので、立上げ工数食い過ぎる(そもそも、さくっと片付けたいのに)。

となると、折角 GoogleApps for Business の契約をしているんだし、
既に社内の業務文書提出フローは、GoogleApps Script(GAS) & spreadsheet を使って半自動化している

GASなら、実質的にJavaScriptなので、少しの調査で効率化・改善に手を付けられる。
複数名からの同時更新は、そもそもGoogleDocsで対応してくれてるし、何の問題も無し。

という事で、各種の自動入力補完や、記録情報から外部情報へのリンクなど、
単純に「週次・月次の報告を作る」だけに留まらず、
関連した作業の確認作業や、関連情報の訂正なども効率的に行えるようになりました!

この間、約2人日!!
自身の学習も兼ねているとの判断から、自宅で製造・動作確認など行ってくれて、
翌営業日には普通に本番で使えるようになっている...というスピードリリースでした!

...と、こう書くと、1発で全機能が実装されたように聞こえてしまいますが、
実際には、利用したメンバー達のslack上での呟きや、朝会での話題、その他雑談などから出て来る要望、
或いは速形さん自身の気付きから施した改善仕様など、
短期間(数日)の中で着実にバージョンアップしてくれました!

すげー!、素晴らしい!

20151211172420ただ、惜しむらくは、その素晴らしさを本人自身の口からは余りにもサラッと説明されたので、
「ああ、そうなんだー、凄いねー」位で流されてしまいそうに.....

すかさず、今回の改善の恩恵に与っている中里さんから、「こんなふうになってたら、嬉しいねー」みたいなことをslackとかで呟くと、翌日には実装&リリースされていた。
というストーリー的なフォロー説明が有って、ああ、なるほど、それは素晴らしい! って認識できました!

では、そもそも、何でツール作成をしようと思い至り・行動に移したのか?
それは、「社外の人と接して受けた刺激」と、「社内の先輩が実践していて、高い効率・精度でバリバリ仕事をこなしている現実を見た」為でした。

具体的には、「外部の人」とは、PHPカンファレンス(勉強会)での講演者
  ・「業務を便利にするオレ・オレ・ツールどんどん作るといいよ」とのススメ!
  ・自分のスキルも上がる
  ・嫌な仕事でも自動化で減らせる!

「社内の人」は、ラボに入る直前に一緒のプロジェクトになった山下さん
  ・業務に合わせたテストデータ生成ツールを自作していた(負荷試験にも対応)
  ・やっぱりできる人は違うなと実感!

という事で、「自分もやってみよう!」で、行動に移したわけです!

うーーーーん、ええ話やねー!、え!?、どない?

「こんなふうになりたい」というモデルになるような人材が社内にいてくれるって言うのは、本当に素晴らしいし有難い事です

また、経験の短い・長いに関わらず、どんどん外に出て、いろいろな「凄い人達」を見る・刺激を受けることも大切ですね。
そんな機会を自ら確保し続けている速形さん

良い感じです! 続けて下さい!!

出来る限り、いろいろな形でサポートさせて貰いますよ!


★クリック1つでブログランキングにご協力戴けます! m(_ _)m

|

« 時間が無い!(by J) | トップページ | 燃え上がれ!、ガンダム!! »

定例会、勉強会など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 町田ラボの庶務効率の改善をしたぞ!:

« 時間が無い!(by J) | トップページ | 燃え上がれ!、ガンダム!! »