« 即興ディスカッション:身近な設備のUIから | トップページ | サイト・リニューアルしましたっ! »

デザインワークショップをやってみた!

1月の全社定例会の中で、デザインワークショップ(?)として、
書籍「もっとクイズで学ぶデザイン・レイアウトの基本」http://www.amazon.co.jp/%E3%82%82%E3%81%A3%E3%81%A8%E3%82%AF%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%81%A7%E5%AD%A6%E3%81%B6%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%83%88%E3%81%AE%E5%9F%BA%E6%9C%AC-%E3%83%8F%E3%83%A9-%E3%83%92%E3%83%AD%E3%82%B7/dp/4798142832/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1453360596&sr=1-1&keywords=%E3%82%82%E3%81%A3%E3%81%A8%E3%82%AF%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%81%A7%E5%AD%A6%E3%81%B6%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%83%88%E3%81%AE%E5%9F%BA%E6%9C%AC
...を使わせて戴き、書籍の構成のままクイズ形式で、参加者全員で回答&軽いディスカッションを行いました

アスペアは、Webデザインを主たるビジネスにしている訳ではありませんが、
Web関連技術を使ったシステム開発において、ユーザーインターフェイス(UI)としてHTML、CSS、JavaScript(各種の既存ライブラリを含め)
といった要素に深く関わるケースが多々あります。
(勿論、バックオフィス系のシステム開発も、ビジネス要件の中に多く含まれます)

なので、技術者と言えどもデザイン系の知見、論理的にデザインの妥当性を判断できること、提案・プロト作成などが出来ることが求められます

さて、今回利用した書籍の表紙を見て戴くと分かるのですが、デザインの具体例が a、b と2種類提示され、
どちらが設問に対して適切なデザインか?、を「そう判断した理由を説明して回答する」というものです。

2016011501書籍をOA統合機でスキャンしてプロジェクターで投影したのですが、
どうも色の再現性が良くなかったり、細かな文字を読むためにズームインしたり、全体を見直す為にズームアウトしたりと、
操作&画面がバタバタと落ち着かなくなってしまうのが難点ではありました。

写真で見て戴くと分かるのですが、前の席の方に出て来て覗き込み、どちらが正解なのか?をマジで考えてくれているのは嬉しい事です。

が、しかし.......
デザインの設問ってのは難しいです。

細かな背景・前提条件、正確な媒体などは記載がありません

問題文とデザイン画像から必然的に前提条件を(触れ幅少なく)推察することが出来るモノは未だ良いのですが、
これは何を売りたくて、何処に広告を出しているのか?、大きさは?...など、条件によって判断が違ってくるのではないか?
といったケースでは、様々に意見百出

うーーーん、確かに。メンバー達の疑問・前提ケース毎の思考は正しいと思える
しかし、本の「正解・解説」には触れられていない要素だったりする...

正直のところ、今回の出し物を企画した私自身、深くは考えられていませんでした。
と言うか、疑問は感じつつも、まあ参考にはなるよね!...と安直に妥協してました。

ディスカッションを行うことに比重を重く想定していなかったので、落し所とか時間配分とか、全然考えてませんでした。

とりあえず、ある程度の意見交換、ディスカッション的な展開になった場合には、ある程度の意見が出るに任せて、
概ね言いたいことが出終わったら次の設問に進む、という運びで進めてしまいましたが.....

さて、もう時間枠いっぱい。
次回はどうしよう?(未だ設問としては沢山残っている)という時に、
「もう少しディスカッションに時間を掛ければ、こうした方が良いとか、こういう前提ならどうだろうとか、有意義に意見交換できるのでは?」
という提案が出ました(未だ私からは、特に意見を求めていない時点で)

うん、コンテンツを有意義に活用するアプローチを自発的に提案してくれるのは、大変嬉しい!
(同時に、リアルタイムの展開に応じた進行が出来なかった自分の頭の固さに情けなさも感じましたが...)

今回使った書籍は幾つかの章に分かれているのですが、Web系の章もあります(今回は「構成」だった)。

次回か次々回の定例会になるか分かりませんが、同資料の「Web」の章を対象に、ディスカッション重視で
再度実施してみたいと思います。


★クリック1つでブログランキングにご協力戴けます! m(_ _)m

|

« 即興ディスカッション:身近な設備のUIから | トップページ | サイト・リニューアルしましたっ! »

定例会、勉強会など」カテゴリの記事

コメント

ご確認返信、有難う御座います!
今後も一層、いろいろと社内メンバーを中心に起きている様々な楽しい記事を掲載して行ければと思っています。
(開発現場のアレやコレやも掲載したいのですが、どうしても案件・顧客依存の情報が混じってしまうので、なかなかブログに書けないのが歯がゆいのですが...)

宜しければ、今後とも当ブログを覗きにいらして下さい。
有難う御座いました!

投稿: あどみん | 2016年2月18日 (木) 08時24分

ご回答ありがとうございました。
ブログがんばってください。

投稿: | 2016年2月17日 (水) 17時21分

当ブログの参照&お問合せ、真に有難う御座いますっ!
どんな形でも、どんな部分にでも関心を持って戴けるのは嬉しいです(「興味本位」、大いに結構ですよ!、大歓迎です!!)。

さて、2015年1月に実施した際のデザイン・ワークショップの時間枠は35分でした。
「予定していたデザイン問題を全て消化する」は目的とせず、ディスカッションしながら盛上り具合に応じて進行、「時間枠を守る方を優先」で締めました。

弊社で実際にやってみた感触としては、1問に付き(出題内容により差が大きいのですが)数分 ~ 長いものでは10分以上かけた方が良いのかも?
という感じで、35分は結構あっという間に過ぎてしまいました。

次回(恐らく3月か4月の定例会)は、同書の「Web編」の章で最終回にしようと思っていますので、40分以上は欲しいかなと考えています。

投稿: あどみん | 2016年2月17日 (水) 11時58分

興味本位で申し訳ありませんが、参考までにワークショップの時間配分を教えていただけないでしょうか?

投稿: | 2016年2月17日 (水) 11時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224308/63151688

この記事へのトラックバック一覧です: デザインワークショップをやってみた!:

« 即興ディスカッション:身近な設備のUIから | トップページ | サイト・リニューアルしましたっ! »