« 「ステキ!」大会・2015年度のメダリストは? | トップページ | Mr.山下の「入って早々大暴れ!」?(大活躍) »

gitbucketに移行した。

リポジトリ管理(成果物・版数管理)、と言うと、以前は Subversionが一般的だったかと思います。
それ以前はCVS、ずっと大昔(?)には、VSS(Microsoft Visual Source Safe)とか、SCCSRCSとか(ここまで来ると知らない世代が多そうですね)...。

現時点でのトレンドは、やっぱり Git/GiuHub でしょう

アスペアでも、社内的に利用しているクラウド環境上に持っていたリポジトリ管理環境は、つい最近までは Subvesionで構築していました。
環境を立ち上げたタイミングが数年前でしたから...

が、2016年・現在時点でのメンバー達のツール利用経験的には、Git/GiuHub経験者が殆ど。

社内的な可用性の点でも、ツール自体のメリット的にも Git の方が良いよね。
出来れば GitHub の方が良いかな?

でも、占有して使うには有料の Enterprise 契約しないといかんなあ...

じゃあ、GitHub close(少なくとも現在時点では)である、gitbucket を導入しちゃおう!
...という事になり、旧版のSubversion上のモノで、今後もメンテナンスを頻繁に行う予定のリポジトリは gitbucket に
移行しよう!
、ってことになりました。

各種調査&方針決め、環境構築は、アーキでもある山下さん
請負案件での開発(要求元との物理的な環境条件、セキュリティ的な要件などから、顧客先での開発が前提となった)が完了して、
次期案件が決まるまでの狭間の期間で、サクサクッと対応してくれました
中身の移行作業自体は、速形さんが実行してくれましたー)

かくして、社内的な保有リソースの管理も Git 相当のツールに統一した状態に移行しました。

ただ、今後の gitbucket の開発方向的に、「GitHub clone 路線から離れる」(GitHub管理側から、「Cloneとして開発を続けることは版権違反である」
旨で警告が有り、今後は gitbucket 独自での開発方向を目指す)...だそうで

この辺は、まあ様子見ですね。

要はメリット/デメリットを判断しつつ、柔軟に対応していければ良かろうと思います。
言い方を変えれば、柔軟な対応が出来なくなるほどの、組織の総合力としての学習・習得能力が下がるような事は避け続けて
行ければと思います。


★クリック1つでブログランキングにご協力戴けます! m(_ _)m

|

« 「ステキ!」大会・2015年度のメダリストは? | トップページ | Mr.山下の「入って早々大暴れ!」?(大活躍) »

お仕事な日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: gitbucketに移行した。:

« 「ステキ!」大会・2015年度のメダリストは? | トップページ | Mr.山下の「入って早々大暴れ!」?(大活躍) »