« DevOpsを視点に据えよう! | トップページ | お仕事場所の物理的分離・共有とWantedly! »

Mr.徳田の「最近の自身の成功事例」

7月の定例会では、2人に「LT(Lightning Talk) or IT-Tips」を担当してもらいました。
 
1人は徳田さん
20160708181258 某大手サイトの開発・保守を行ってくれています。
要件定義の補完的な部分から(モヤット要求から具体化?)基本設計以降を担当しています。
 
で、今回の出し物は「自分なりに良く出来た(出来ている)2つのこと」と題して近況の話題から。
 
1つ目は、応用技術者試験に合格したこと。
 
アスペアに限らないでしょうが、ことWeb系開発を生業としている会社は、「資格・認定」には余り重きを置きません。
まあ、資格も様々なので、特定業務系の大量・豊富な前提知識が必須になるような(法務関係とか)業務に強い
会社さんなどでは、特定の資格を重視・或いは殆ど前提になるのかも知れませんが...。
 
とは言え、やはり実務だけでは、体系的に広い視点・視野で要素を押さえていくのは難しいです
 
資格・認定自体に意味は乏しくても、勉強により実務知識を整理・適宜で補完する機会を設けるのは良い事だと思います
 
アスペアでは、受験費用(2回のトライまで)と、報奨金が出ます(金額はモノに拠り様々です)
 
丁度、報奨金制度の対象資格・認定内容と、各々の報奨金額を見直したところでした。
徳田さんの受験日は、改訂内容の公開前。
実は、応用技術者試験に関しては、5万⇒4万に下がったのですが、移行期の特別措置として5万(旧規約)で報奨金支給となりました。
 
まあ、普通に考えたら(と言うか、報奨金の本来の目的を考えれば)当然の判断だとは思いますが。
 
ところで、試験に合格する為には、「試験用の勉強」が必要です。
実務が出来るから大丈夫!、ってことは有りません
(この辺は、受験経験者ならばお分かり頂けると思います)
 
徳田さんは2回目のトライで合格。
1回目の受験時の敗因は、ちょっと勉強時間数が計画より足りなかったことと、「過去問」をちゃんと解いていなかったこと。
後者が決定的に効いてると思いますね。
 
この間の工夫した点として"slackの個人チャネルに、勉強の実績時間を記録することにした" こと
 
"確かにやったぞ!、という実感が得られて嬉しい" (プチ達成感が有る)のだそうです。
これが継続の為の励みになるわけですねー。
う~ん、分かるような気がしますね。
 
で、もう1つの「出来ていること」はダイエット
 
食べることが大好きな徳田さん、同じ客先・同じサービスに関わっているメンバー(アーキテクト)が似たような属性なので、
定期的にダイエット勝負をしているのだそうで。
 
で、勝った方が食事をおごる!
これが結構なカロリーの食事だったりして、君らは結局、何をしたいんだ?!って感じもするのですが...
(お互いに、痩せて、戻ってを繰り返しており、「ダイエットが得意:何回でも痩せられる」状態ですね...)
 
で、ここに「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」(アスペア社内でプチ流行中!)を加えて実行中です。
 
こちらに関しても、やはりslackの個人チャネルに書いておくと(誰に読まれることが無くても)モチベーションが上がって
持続できるんだそうです
。  ほほ~~.....
で、更にslack書込み効果をアップさせるべく、"ダイエット時間割" を作ってみて、実施結果を書き込んでいこうと。
なるほどねー。
 
これにより、自分自身がどう変化するものなのか?
自分を対象にした実験ですね
その結果を次回の定例会で発表するから、時間枠をくれ!、とのこと。
 
うん、了解・了解。 早速、社員専用Webサイト上の定例会予定のページに時間枠を確保しましたよ。
 
色々と、結果が楽しみですね。 いや、ローカルな話で真に恐縮ではあるのですが。


★クリック1つでブログランキングにご協力戴けます! m(_ _)m

|

« DevOpsを視点に据えよう! | トップページ | お仕事場所の物理的分離・共有とWantedly! »

定例会、勉強会など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Mr.徳田の「最近の自身の成功事例」:

« DevOpsを視点に据えよう! | トップページ | お仕事場所の物理的分離・共有とWantedly! »