« なぜ人と組織は変われないのか!(え?) | トップページ | Amazon Dash Button を手に入れてみた! »

LT:昨今の小学生事情について

全社定例会の中に、"IT-Tips or LT(Lightning Talk)"というレギュラーコンテンツ枠を設けています。
 
"LT"を敢えて"or"で繋いでいるのは、言うまでもなく"何の話題でもいいよ!"ってことです。
 
要は、"制限時間を設けて人前で話をする"機会を設けることでの訓練的な効果を狙うのと、
"誰が、どんなことに興味を持っているのか?"の相互理解・共有する、という2点が元々の目的です。
 
2016111104 11月の定例会では、"母"でもあり"エンジニア"でもある中里さんからのLTが有りました。
 
お題は、"昨今の小学生事情について"。
 
お子さんが今年の春に小学生になった、とのこと。
世代毎に環境や教育システムは変わっていくわけですが、中里さんが驚いたこと・感じたこと。
・宿題が多い!
  1年生なのに結構宿題が多くて、中には"音読"を親が聞いて採点する、などという課題も。
・パソコンで日記をつける
  当然、キーボードから入力しなければなりません!
  パソコンが家に無い家庭はどうするんだろう?
  スマートデバイスに外付けキーボードとか買って繋げたりするんだろうか?

・食事事情
  食関連のイベントとかでも、国産原料にこだわったり、衛生面から"塩にまで熱を通す"とか...
・文章を読み取る力を伸ばしている
  国際的な学力比較・能力比較の点から、日本の弱い部分を強化しようってことでしょうか。
・土曜日も学校
  これは、"土曜は休み"(ゆとり)方針と、"授業時間が足りないので土曜も登校"方針との間で揺れてますよね。
・"さくらんぼ計算"なる教え方
  算数の解き方を教える段階での、考える手順の説明が不可思議??
  "答えを出す"よりも、"考える力"の育成を重視ってことらしいのですが...。

・いつまで勉強を見てやれるのだろう?"、と不安も感じる(追付かない?)
  "答えは分るけど、解き方が昔と違う"ので、下手に説明できないってケースが出て来ますね。
  子供の教科書を読んで、改めて悩まないといけなくなるかも知れません...。
 
定例会当日は、同じくママさんエンジニアであるJさんは、2人目のお子さんの育児休暇中でお休み
他の女性エンジニアは独身ですが、
男性陣の中には子持ちの連中もいます(筆者も)ので、共感できる部分も多かったろうと思います。
 
さて、"母"であり"妻"であり、"エンジニア"でもある(勿論"一個人"でもある)中里さん、
普段の業務では"町田ラボ"(顧客先に詰める・或いは半常駐する自社メンバーと主に連携しつつ、町田で開発業務をこなす)
のリーダーを務めてくれています。
 
自身では、「やるべき事に追われていっぱいいっぱい」みたいなことを言っているのですが、
はた目にはいつも落ち着いて、成すべきこと、改善すべきことなど、生産性を意識しつつも柔軟に、
かつ根気よく対応してくれているように見えます。
 
とは言え、お子さんの生活時間を考慮した勤務時間帯で稼働しなければならないので、バランスが難しい。
自身の仕事の切れ目は勿論のこと、メンバーの今日・明日・当面のタスク配分・その他も考えないといけない。
 
加えて、顧客先にスポットで出向くことも有りますから、家庭生活のタスク・ピースとの組合せにも工夫が要ると思います。
 
多くの要素の間を頭と体でスイッチし続けると、疲弊も激しくなるので要注意!
(これは業務に限った話ではなく、人間、というか生物の基本じゃないかと思います)
体の調子も崩し易くなります。
 
この辺は、逆にメンバーの方で旨く支えてあげて欲しいのですが、
手に余る部分が出て来てもおかしくはないので、その辺は会社としてのマネジメント(サポート)が何処まで
出来るか?、に掛かってくると思っています。
 


★クリック1つでブログランキングにご協力戴けます! m(_ _)m

|

« なぜ人と組織は変われないのか!(え?) | トップページ | Amazon Dash Button を手に入れてみた! »

定例会、勉強会など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LT:昨今の小学生事情について:

« なぜ人と組織は変われないのか!(え?) | トップページ | Amazon Dash Button を手に入れてみた! »