« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月の記事

ただいま研修中:タスクの粒度は?

4月頭に中途入社した新人さんが、絶賛・研修中です。
 
予定・進捗などは、執務室の壁(真っ白です)を"かんばんボード"として利用し、
研修内のタスクを付箋で表してます。
 
マグネットシートを任意に切り貼りして、エリアの名称を書き込んだり、エリアの境界線を作ったり。
ちなみに、朝会は町田事務所にいる全員が(関与しているプロジェクトが別でも)一緒に、立って行ってます
研修中の彼も、当然、一緒に参加します
進行役は日単位で持ち回り。忘れないように、"朝会当番"と書いた小さな立て札をその人の席に置いておき、当番の人はこの立札を持って進行をするルールです
 
で、"かんばん"の写真は、slack上の研修用チャネルに挙げてもらってます。
社員専用のWebサイトに簡易なフォームで日報をアップすると共に、上記の"かんばん"の写真へのリンクを貼ってもらってます
 
20170524 社外で作業をしているメンバーでも、slackからかんばんを確認する方が楽チンです。
コメントを入れるのも、スマートデバイスから簡単に行えます。
 
さて、ここ最近は Ruby on Rails のチュートリアルを実施中
毎日のかんばんに変化が無くなりました.....
 
うーん.......どうしたんだ?、でも日報の文章を読むと進捗はある様子。
でも、かんばんボードの方を見ても......つまらない
 
付箋を見ると、予定工数が37.5時間になってる.....
 
デカ過ぎるやん   1週間もかかるやんか!?
 
これは、研修を行っている本人も、1日単位での"進んだ感"(達成感)が得られなくて辛いのではないかな?
まあ、プロジェクト/プロダクトやロールによってタスクの管理上の粒度基準ってのは違うとは思います。
 
でも、"人間がチームを組んで楽しく'見える化'と共有の運用ができる"
 = 小さな達成感を積み上げることが出来て、
 + ストレスが幾分かでも緩和でき、
 + 疲労度も減り、
 + 生産性・品質の向上にも役立つ...はず。
という効果も狙うのであれば、
"毎日、最低でも1枚くらいの付箋は、'Done' に移したい!"。
 
この達成感がクセになる!というメンバーが多い(人間なら当然だと思う...)ですし、
1日の区切りにもなります(多少なりとも、気持ち良く帰宅できます)
 
なので、1タスクの時間数は最大でも7h程度、出来れば4h程度を上限基準にしたいところです。
チケット管理ソフトで言うところの、子チケットに相当するような考え・管理でOKだと思います。
 
20170525_2 本人に聞いてみると、"何か全然進んでない感じがする..."
 
これ↑、メッチャ拙いです!
 
なので、チュートリアルの章毎にタスク化し、親付箋の脇に Doing 付箋をペタっと貼る感じに変更
(実務だったら、親付箋の下端に貼る感じでしょうかね...)
親付箋のタスクが全部終わると、Done のエリアに縦に幾分か長くなった付箋群が出来上がる...という具合に
 
早速、メンター担当が対処してくれました。
当日の日報に上がったかんばん写真に変化が現れてますね!
 
良かったー!


★クリック1つでブログランキングにご協力戴けます! m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Mr.當山、研修中ですっ!

先月(4月)の頭に、同業・他分野から転職・入社してきた當山(とおやま)さん
 
アスペアで行っている、Web系(フロントからバックオフィスまで含む)開発系の技術、関連ツールやら
プロセスやら、そもそもコードのデザインとかお作法とかから社内研修を行ってます
(アスペアは基本的に必ず社内研修です。新卒の方を採用した場合に、マナー研修などを外部の合同研修などに依頼してきたことはありますが、その点だけが例外です)
 
社会人・1年経過の状態で、役割も開発の中心部にいた訳ではないので、ほぼ新卒新人と同様に研修期間は
3ヵ月間で計画を組んでます。
(主たる言語・環境は、Ruby on Rails。ある程度実戦を意識した模擬開発演習も含んでます)
 
IT系の専門学校を出ているので、基礎の基礎はOK。
 
とは言え、連日新しい学習内容の連続で、更にそれらを関連付けて理解し思考して行かないと中間課題も消化できない。
難しいです。
特に、Web系は機能を実現する上での物理層・論理層・プロトコルやら概念なども多く、言語やツール・その他周辺知識も
派生して多くなる
ので、頭の中で統合的に理解するのは、なかなかに苦労すると思います。
 
さて、そんな苦労しつつも楽しい(!?)毎日の中で、
"4/21の全社定例会で何か発表してみようか!" という、メンター役の渡辺さんからの暖かくも劇的なお言葉。
 
2017042102 自己紹介も兼ねて、早々に人前で発表するという機会を設けた方が良い!、という暖かーい親心!
素晴らしいですね!!  ステキ!
"鉄は熱いうちに打て!"とも言いますし。
 
で、全社定例会の当日での登場は、"LT(Lightning Talk) 又は IT-Tips"コーナー(質疑を含めて10分枠)
発表してくれたのは、"ATOMエディターの紹介"でした。
 
業界内の方ならご存知の方も多いかと思いますが、
オープンソースのテキストエディタで、Linux, MacOS X, Windows 上で動作する。
プラグイン拡張が容易で、多数のパッケージが公開されている。
デフォルトは英語ですが、日本語化パッケージを導入すればベタな日本人でもOKっ!です。
 
ライセンスフリーのエディタとしては、Microsoft の Visual Studio Code が存在感を増しつつありますが、
さすがの多機能・Visual Studio のノウハウを詰め込んであるだけに、ちょっと遅い...という声も有りますね...。
 
ATOMより軽量のエディタも有るようですが、オープンソースでマルチプラットフォーム対応、拡張パッケージが豊富な点などから
ATOMを選んだようです。
 
HTMLの基本構文の理解と演習の際に、構文に応じたハイライト表示や、入力時のオートコンプリート機能などが
学習効率を上げてくれる!(タグの閉じ忘れなどもある程度防止できる)、ということで、便利・便利!
 
"便利"が過ぎると学習効果が損なわれる場合も有りますが、余りに単純な部分に手こずって時間を潰すのは
勿体ないですし、"生産性が低い状態に慣れてしまう" のも絶対に避けたい点です!
 
トツトツとした當山さんの進行と語り。
緊張している様子は感じられないのですが、当然ながら慣れている訳でもなく...
 
それでも、質疑を含めて、予定時間枠の10分にジャストで収まりました!
おお!、素晴らしい! (←定例会の最後の振返りで、Keepとして他メンバーが挙げてくれました!)
 
多少の苦労をしてでも、なるべく社会人経験の少ない内に、いろいろと経験しておくのは良いことです。
 
勿論、オーバーフローで心身の調子を崩すようなことは避けるべく、メンター&周囲のバックアップを含めて
声掛けしたり、お昼時の雑談などでフォローしてくれています。
 
さてさて、入社1年後にどんな活躍を見せてくれるか?
活躍できる機会を設定できるのか?、とも言えますね
今から楽しみです。
 


★クリック1つでブログランキングにご協力戴けます! m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年度:"ステキ!" 大賞は??

弊社:アスペアの期は3月始まりです。
 
さて、他社の多くがそうでしょうが、アスペアも自社社員専用のWebサイトがあります。
某CMSを利用していますが、プラグインを自社開発して、他メンバーの書込みに"ステキ!"を投票出来るようになってます
 
で、年度を通じて"ステキ!"獲得数の多い順に、金・銀・銅メダルを授与してます!
(これは2014年度から始めたので、2016年度(~2016/02末)で3回目となります)
ちなみに、賞金とかは有りませんが...(名誉こそが最大の懸賞ですよねっ!!?)
 
2016年度の金賞は忠さん
("忠さん"ってのは、社内で同じ姓の人が4人もいるので紛らわしい!ってんで、名の頭文字を呼称にしているのです)
 
獲得票数、175票。
 
投票者は社内の人間だけで20名そこそこですから、結構な数です。
 
CMSに全社員が書き込むのは、主に週報
1人・1年間に50回ちょいですね。
 
アスペアでは、週報は"上長に出す"モノではなく、"全社員に共有するモノ"なんです(ブログ機能で、即時共有されます)。
 
なので、日々の業務で得られたTipsとか、状況判断・行動・結果とか工夫とか(痛い目を見たとか)...
 
顧客の守秘義務に触れるような情報は勿論書きませんが、普遍的なこと、特定顧客やプロダクト/プロジェクトに
依存しない事などは共有します。
 
別の場所で業務をしているメンバーであっても、ある程度の情報を共有し、間接体験をすることが出来ます
興味を惹かれれば、コメント機能で質問したり、フォロー発言したりもOK
 
他にも、体調&モチベーションを数値表現します(1~5で、大きい数ほどGood!状態を表す:ニコマーク付き)、
業務とは全く関係のない事も書いてOK!(SNS的な要素とも言えますが)
 
ここに、この1週間で読んで面白かった本とか、参加したイベントとか旅行先とか、
独習・検定試験向けの学習状況を申告して自分自身を追い込んだりとか、
家族(お子さんとか)の何気ない事を書き添えたり...
 
週報としての基本の項目セットが有るのですが、書きたいことが書けるように改訂されてきました。
 
チャットツールとしてはslackを利用してます(Standardコース)し、大変に便利!なのは確かですが、
CMS、電子メール、それぞれの特性があるので、
要は使い分けだと思います。
 
で、話を戻すと、2016年度の金賞の忠さん。
2014年度は銅、2015年度は銀、そして次は金!と、着実に獲得票数を伸ばして来ました!
凄い!
 
本人の弁護の為に書いておきますが、決して業務が暇なわけじゃありません。
それどころか、ロールの数も多いし、重いロールも複数抱えている。
タスクの数たるや、半端じゃありません!!
 
稼働時間制限をかけながらの業務とは言え、定時帰宅ではないし、時間密度は恐ろしく濃いはずなのに...
 
最近では、簿記2級の受験準備、スパルタンレースの参加準備などが熱い話題です!
(プロジェクト的にも熱くなってきているようですが...←こちらは心配...)
 
さて、2017年度はどうなるのだろう?
 


★クリック1つでブログランキングにご協力戴けます! m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »