« ヘッドレスブラウザとSelenium3 | トップページ | パワポの意外な能力を知った日。 »

ギルドワークスのセミナーに参加してみた!

いろいろな企業で有償の各種セミナーを企画・開催しています。
 
アスペアでも、以前はいろいろな有償セミナー(個別だったり、比較的軽量なコースが多数セットになっていたり...)に
参加して来ました(コース紹介の社内通知・配信は筆者が行いましたが、参加は各人の自由意志です)。
 
しかし、どうも内容的に余りパッとしない...。
わざわざ参加する時間を取るなら、その分を自己学習に充てた方が効率的だったり・意義が有ったり、参加価値は微妙?...というケースが多々...。
 
それよりも、DoorKeeperやPOStudy、関連情報に敏い人をtwitter上でフォローして情報を追っていくと、
有益な無償セミナーが多いことに驚かされます("ハズレ"も有りますが...)。
(特にDevLOVE関西など、西日本の動きがとても活発なのには羨ましさを感じますが...)
 
開催時刻も、就業後でも参加可能なように配慮され、19時以降の開始だったり(終了も21時以降になりますが)、
場所的にも23区中心部付近が多く、移動も概ね顧客先から近いです。
 
"これはお勧めだな!"、"あいつとか、あの子辺りには参加して欲しいな..." などと思うコースを、
slack上の"出ようぜ!社外セミナー!!"のチャネル(←名前はウソですが..)に紹介します。
 
・どんな人におススメか?、
・概略どんな内容か?(コース名のイメージが、実質的な内容を反映しない場合が有るので)、
・"業務扱いでOKだよー!"(月報に"勤務"時間として計上して良いよ!)とか、
・参加費用が掛かる場合、"先着何名までは会社負担にするよー!"とか、
いろいろ情報流して参加を促してます。
 
自社内でも、定例会の場を利用してセミナーやワークをしたりしますが、やっぱり同業他社のエンジニア・他ロールの人との交流も
とても刺激的だし重要だと思ってます。
 
現在の業務に必要なもの、これからの数年で確実に押さえておかないと拙いもの、
トレンドになるかは分からんけど楽しそうなもの、
バリバリの技術系、開発プロセス系、ビジネス立上げ系、
色々と、敢えて傾向を分散させてます(メンバーの関心も様々ですからね)。
 
ですが、全員がWeb/インターネットの仕組みを前提としたビジネス開発に関わっている(社内外を問わず)ので、
どこのプロジェクト/プロダクトも多忙です...。
 
業務時間数が必ずしも長くなくても、頻繁な要求・仕様の変更、各種の調整(結果がすぐに出るとは限らない)、緊急対応などで
かなり密度が高く&タスクスイッチが多い・並行度の高い時間を過ごしています。
当然ながら、疲労しますね。
 
やっぱり、現実的に時間的・心身的に幾らかでも余裕が無いと、社外セミナー、とくにワークショップやハンズオンなどは、
面白いけれど消耗も激しいので、意識として参加の敷居が高いのも理解できます。
 
.....このところ、参加率が低い.....
 
うーーーーーん、仕方が無い。
メンバーに対して、無責任に?紹介ばかりしていても埒が明かない。
自分自身が参加できるものは、出来るだけ自分(筆者)が参加しよう!(...健康上の都合もあるのですが...)
 
という事で、早速行って来ました!
 
 
ギルドワークス株式会社・代表取締役・市谷 聡啓 氏が講師として登壇されました。
 
目黒の(株)アカツキの会場はとても広く、カーペット敷きの床には多数の円形クッションが。
後ろの方に椅子も1列並んでいました。
 
筆者は近視なので(度の強い眼鏡を掛けたくない)、スクリーンが見易いように、クッションエリアの中程に陣取りました(靴は部屋の入口に有った靴箱に脱いできた)。
 
同氏はtwitter上でもフォローさせて頂いてますし、同社のWebサイトも拝見していたので、大体の話の流れとしては意外な点は有りませんでした。
 
同氏からのお話は小一時間程度で、後は質疑タイム。
 
内容的には、少なくとも表面的には理解できるけど、"本質的な部分は実践して痛い目見ないと分からんな..." と感じました。
それにしても、質問の中身が濃いのに驚きます。
 
セミナー中でも言われましたが、"自分(達)が、何を分かっていて、何を分かっていないのか?" を知ることが重要!、と。
 
これ、自己矛盾なんですよね...。
CMMIのレベル5(最高レベル)とかでも、"未経験の事象に対しても既知のメタ的な方法論からアプローチし、問題解決が可能" と
定義されていたりしますが、まあ、それと同様じゃないかと思います。
 
で、具体策の1つとして、"ギルドワークスが支援するプログラムが有る"というご紹介。
うんうん、もっともです。
 
いや、一緒にやらせて頂いたとしても、今のアスペアの最高のメンバー集めて対応しないと、吸収効率が悪いと思います。
って言うか、実戦的な要素が何も身に付かない危険性すらありますね。
 
そもそも、アスペア内の現有メンバーが、本当の所どんなことを・どんなふうにしたいのか?
本音の本音を改めて、個別に聞いてみないと分からない気もします。
(今回のお話は、"価値0(ゼロ)→1にしていく" が中心ですから)
 
会社的に、「こうしたい!」、「これが出来ないと生き残れない!」って言ったとしても、
各個人の腑に落ちていないと・インセンティブやモチベーションに結び付いていないとダメでしょう。
 
次回の定例会(9/22)で、ちょっと長めに時間枠を取って、筆者からの話もしつつ、皆から色々と話を聞いてみたいと思ってます。
 


★クリック1つでブログランキングにご協力戴けます! m(_ _)m

|

« ヘッドレスブラウザとSelenium3 | トップページ | パワポの意外な能力を知った日。 »

社外のイベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224308/65814854

この記事へのトラックバック一覧です: ギルドワークスのセミナーに参加してみた!:

« ヘッドレスブラウザとSelenium3 | トップページ | パワポの意外な能力を知った日。 »