« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月の記事

社外セミナーとか、参加してますか?

自社内でもワークショップやハンズオン、勉強会などを企画・実施していますが、
やっぱり社外の人と接する機会は大切です!
 
ワークにしてもセミナーにしても、やはり場数を踏んだ著名な方が実施するコンテンツは、質の次元が違う!
ということも実質的にありますし。
 
と言うことで、社内コミュニケーションを中心としたslack(有料コース)運用の中で、
社外セミナーなどの紹介チャネルを設けてます。
(特定個人にお勧めのコンテンツの場合には、slackDMで個人宛に連絡してます)
 
slack上で紹介・広報したセミナー類は、別途Googleスプレッドシートにも情報集約しておき、
広報範囲・連絡先(DM連絡の場合)、参加意思の表明者、実際に参加した人、の情報を記録しています。
 
.....が、
参加者少ないっ!
 
いても、同じようなメンバーが参加し続けてるし、
これじゃあ何の為にわざわざ外部セミナー告知してるんだか分からない!!
 
告知する時は、
どんな人に推奨したいか、費用が掛かる場合は会社負担するケースを増やし、内容の重要度によっては
業務時間扱いにするから!と付け加えたりしてますが、
応募少ない.....
 
このまま勝手にセミナー告知を続けていても仕方が無いので、一度、定例会で出席者達にリアルタイムで聞いてみたことが有ります。
 
以下、その時の意見。
・常連が出席していそうで、場違いになりそうで不安。
・人見知りなので1人では行き辛い。
・意識高い系の人ばかり集まりそうで、自分の不見識が恥ずかしくなりそう。
・時間帯が合わない、予定が立たない(育児の都合で無理な女性エンジニアもいる...)
 
あーーーーーーー........
 
気持ちは分かる。
 
分かるけど、そのままで良いの?
それに、そんなに、もの凄い人ばっかりが参加するわけじゃないよ(企画による差は大きいのでしょうけれど)。
 
ワークショップやハンズオンだと、"恥をかく"(?)ってシーンも有るかもだけど、
セミナー形式だったら関係ないでしょ??
 
筆者(50歳オーバーです...)も、そんなに多数のイベントに参加して来たわけではありませんが、
SCRUM系の終日イベントに参加して、全コンテンツがワーク形式でへとへとになったり(でも超面白かった!)、
特定技術や開発プロセス系のセミナーやワークに参加したりして、自社内で情報共有をしたりして来ました。
 
自分自身の経験の中で、社外イベントに参加して最も有意義だと思えるのは、
やはり "社外の方たちと一緒に小さなチームを組んでワークをすると、いろいろととっても刺激的!"
ということです!
 
これは、どんなに頑張って自社内に情報だけ持ち帰って、対面での共有の機会を持っても(イベント時と同じように、
ワークショップの形を模して実施したとしても)得られない体験感覚です。
 
"1人だと行き辛い.."って人の為に、
"気になったイベント"が有ったら、slackの機能で絵文字を付加できる(facebookの「いいね」ボタンが複数から選べるみたいに)
ので、注目顔のアイコンを付けるようにして、2人以上のマッチングを誘発するようにルール付けしたりとか...
.....しましたが、数ヶ月やってもマッチングは成功せず、
そもそも注目アイコンを付けてくれた人が僅少であるとか、
もう止めるか?  要らないか?  意味無いか、全然ダメか??
 
...と自問自答しましたが、
"当日に行けなくても、開催後にスライド情報や関連記事が公開されるので、追って見ている"って人もいたりして。
 
うーーーーーーーーーーーーん.........
 
自分が出ればいいんだよ!
 
そう。 前から思ってたけど、告知ばかりして、現場業務で多忙で疲れているメンバー達に一方的に参加を求めるよりも、
先ずは自分が参加すべきと思った企画に、自分が参加すればいいじゃん!
(体調の関係で見送ってたんですが、少し良くなって来たし、動かなきゃ変わらないし...)
 
と言うことで、
先ず近々では、
 
 
 
...の2つに申し込みました。(勿論、slackチャネルにも告知済み)
 
ついでに、
"こんなイベントに参加するから、何か質問してみたいこととか有ったら連絡頂戴ねー"と書き込んでおいて、
Googleスプレッドシートに書き込んでもらえるようにしておきました。
 
イベント内容に関しても、主催者側のOKを戴ける範囲で、このブログ上でも共有させて頂こうかな、と思っています。


★クリック1つでブログランキングにご協力戴けます! m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »