« DevLOVE:"リンスタ関ヶ原 ~敗軍の将、兵を語る編~" に参加 | トップページ | "現役編集者による-人に伝わるライティング入門"に参加した! »

POStudy:"データドリブンのUXデザイン" に参加した

 
今回はセミナーなので、ワークは無しです(ちょっと気がラク...)。
自社と顧客とのコラボで展開しているWebサイトも有りますし、今後のWebサービス・ビジネスの展開も考えていく必要があるので、
出来る限りの情報を持ち帰って社内共有する必要があります!
 
当日も、コンデジ、メモ用のPC、眼鏡を揃えて、いざセミナーの始まりです!
以降に、レポート(と言うかメモの転載?)をさせて頂きます。
 
誤解・理解不足・誤字脱字など有りましたら、お知らせ頂ければ幸いです。
 
参加コンテンツ名/講師/機関
 
 [UXアカデミー共催] データドリブンのUXデザイン ~データを活用したプロダクト開発/Webデザイン~
  POStudy-アジャイル・プロダクト・マネジメント研究会
   関 満徳 氏(POStudy 主宰)
 
  ・『ユーザーインサイト発掘の重要性と手法』 (20分)
    鈴木 郁斗 氏(UXアカデミー創業者/ディレクター)
 
  ・『データドリブンのUXデザイン ~データを活用したプロダクト開発/Webデザイン~』 (60分)
    泉 浩人 氏(株式会社ルグラン共同CEO)
 
実施日時
 2017/11/27(月) 19:30~21:30
 
実施場所
 グロースエクスパートナーズ株式会社 G's LounGe
   東京都新宿区西新宿7-21-1 (新宿ロイヤルビル3階 グロースエクスパートナーズ株式会社 G's LounGe)
 
満足度
 80点
  (0~100点満点、時間分の価値がどうにか有った=60点、概ね満足=80点)
  ・"UX"という言葉の定義自体が(自分が全く)分かっていなかった、ことが分かった。
  ・...ので、期待・イメージしていたものとは違ったが、こちらの方が新規事業の立上げ・運用にははるかに必須な要素だ。
    ・スコープが広過ぎて、頭に収まらない...
  ・サービスの立上げ・運用に関して、整理され系列だって、成熟度の段階、具体的な指標、サービス実例等を知ることが出来たのは
   得難い機会だったと思う。
 
概要・所感
 ・スライドは公開されていませんので、スライド撮影画像は自社内共有のみとさせて頂きます。
 ・要点と思われた部分(と言うより、聞きながらのメモそのまま?)を下記に抜き書きします。
   ・(恐らく、端々に個人の解釈が含まれてしまっていると思います...
 
 ユーザーインサイト発掘の重要性と手法
  ・ニーズの変化・技術の変化が激しい
    ⇒対応し続けないとね!
 
  ・ユーザが触れる技術も向上している
  ・開発側も強力なツール増えてるよね
  ・革新を起こす企業="ゲームチェンジャー"とも呼ばれる
    ・既存市場で群を抜いて成長していく;Top3とか食い込む
    ・決して革新的な技術を使っているわけではない
    ・使い勝手が良い!
    ・ニーズの本質を把握する ⇒ 提供するサービスに反映させる
      ="意味的価値の提供"
 
  ・現行サービスを俯瞰して分析し直すことが重要(自社製/他社製を問わず)
  ・ダウンロード自体が古い考えになりつつある
    ⇒ストリーミング;"持つ"必要は無い
 
  ・機会探索! ⇒ 仮説検証
    ・(前者は今までに単語として聞いていない;忘れてるだけ?)
 
  ・"スープストックTokyo"
    ・ペルソナの設定で成功した!、として有名
 
  ・問題発見力を教育上でも重視するようになっている
    ・MBA ⇒ MFA重視
    ・デザイン会社の買収ケースが増加している = 企業が重視している証拠
 
  ・正しい答え < 正しい質問
   ・"なぜ?"を考えることが重要;自分の都合で答えを決めない(仮説検証)
 
  ・実験的に喫茶店などで女子大生の隣に座ったり;会話を聞く;様々な話題が聞けて気付きが有る;
    ・高齢者、子供、接してみて初めて気づくことが出来る・"正しい疑問"を持てる
 
 データドリブンのUXデザイン
  ・定量・定性データ/分析のバランスが大切(一方だけでは成り立たない)
  ・AIの取り込みの敷居は大変低くなっているでしょ!?(使えば良いってもんじゃないが)
    ・使った方が良さそうなら、尻込みしてないで使えばよい!
 
  ・現在のレベル・状態を認識することが大切!(7段階の成熟度
    ・何で扱うかはともかく、数値を使う意味を理解して、使っているか?
    ・成熟度が上がらないと高度な施策は打てない!・思いつかない;段階的に上がっていくようにコンサルしている
    ・中間段階を飛ばしてのレベルアップは不可能!
    ・ツールが有ってもナレッジが無いと無理;自力で出来るようになってから、ツール利用や自動化が可能になる!
 
  ・エクスペリエンス・マップを使う!
    ・ペルソナ想定して、当てはめながら検証を繰り返す(ペルソナへの感情移入が必要になる..)
    ・ペルソナの属性をどれだけ用意するか?;用意できるか?;検証の為に必要な属性を見付ける(←検証と実験で分かって来ることも有る)
    ・少な過ぎは論外だが、多過ぎも本質を見失う(そもそも収集にコストが掛かるし、件数が減ったり、対象者が
     疲労して回答がいい加減になったり、主催者側に気を使ったり...)
    ・分析結果から ⇒ 新たに提供したいコンテンツをどうやって用意するの?;結構大変!
 
  ・ペルソナ;感情移入できない場合が厳しい!
    ・例=乳がん保険;本物の該当者を集めて入って貰う;出来ればワークショップをやる!
      =グループインタビューになる!
  ・インタビュー:ネガティブな要素を引っ張り出す;←要改善点=ペインポイント(痛点)を見付ける
    ↑ 言葉の表層に飛び付かず、相手の背景状況なども聞取り(或いは推測し)、深層心理を探る;
      ・何が解決されればペイン(痛み)が改善できるのか?
  ・ルールベース(プログラム固定ロジック等)では効果は限定的 ⇒ 例えばAIを利用する、とか
    ・AIはあくまでツール
    ・テクノロジードリブンじゃダメだよ、と
    ・技術を主張してはダメ!;"使いこなせない方が悪い" などは最低!(ユーザー軽視のビジネスなど有り得ない)
      ・ユーザーが快適に感じるかどうか?、ポイント
 
ナレッジ
 ・ぶっちゃけ、"データドリブンのUXデザイン" は全部重要!
   ・結局、新規ビジネスや施策への着手前に、仮説設定・分析、調査(データ収集)・検証は必須ってことだ。
   ・今回のセミナーでは、リーンスタートアップよりもデータに比重を置いて、具体的な進め方や指標を教わったということ。
 ・"UX" は "UI/UX" とかって並べて書かれていたりするけど、意味の広さ・抽象度・視点とか全く違う!
   ・("UI"はアプリ視点)
   ・"UX"は直訳では"顧客体験"だが、ユーザー視点で、サービスによって波及的に得られる、アプリ外でのアナログ/
    心理的/対人的な体験とか全て含む。
   ・(UXを語るケース・主体により意味の範囲が大きく変わる)
     ・今回のセミナーでは最も広い範囲の定義を聞いた。データ分析(心理分析まで含む)、マーケティング、サービス設計、
      Webデザインまで含む。
     ・(例えばWebデザイナーがクリエイター目線で語る場合なら、アプリ、心理(喜び)、ユニバーサル、辺りまでか?)
 
質疑応答
 Q. ログインを伴わない場合の分析として、どんなアプローチが有るか?
 A. IPアドレスから場所を推定して反応を変えたりとか;その地域でユーザーが望む情報を提示したり..
   簡単な質問を1つだけするとか;1回限りのおもてなしを最大限に行う;ツールが意外と安価に有るよー
   性別の登録が無くても、推測する場合も
   Rtoaster;タグで何となく自動連携してくれるツール
 
 Q. 実際にデータ分析の知見も無い企業に対して、どのようにコンサルしていくのか?
 A. 当然ながらケースバイケースだが、
   例)先ずはチームを構成してもらう ⇒ チームに加わって一緒に活動する:適宜でメンバーにヒアリング→指導 ⇒ (進行)
   例)コンサル側でチームを組んで具体的にやって見せたり ⇒ 段々と顧客企業側に渡していく、とか..
   少し理解できると、興味を示すようになってくる;顧客内で議論が進んだり;、熱を帯びるようになる
   適宜で望ましい疑問を投げてあげる ⇒ 考える道筋を導く;概ね半年くらい掛かるかな..
 
その他資料
 
Dsc00286 会場の様子。
セミナー開始前なので、未だ人が少ないですが。
電源は床に所々アリ。 Wi-Fiは無し。
.
.
.
 
感想
 ・今回も、貴重な学びの機会を頂き、有難う御座いました。
 ・正直のところ、思った以上に対象のスコープが広く、未だ何が分かって・何が分かっていないのか?
   それ自体が自覚できていないような有様ですが、こうして資料を見直し、少しづつ整理をしながら、ほんの少しづつですが
   理解が進んでいるような...気がします。


★クリック1つでブログランキングにご協力戴けます! m(_ _)m

|

« DevLOVE:"リンスタ関ヶ原 ~敗軍の将、兵を語る編~" に参加 | トップページ | "現役編集者による-人に伝わるライティング入門"に参加した! »

社外のイベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224308/66101412

この記事へのトラックバック一覧です: POStudy:"データドリブンのUXデザイン" に参加した:

« DevLOVE:"リンスタ関ヶ原 ~敗軍の将、兵を語る編~" に参加 | トップページ | "現役編集者による-人に伝わるライティング入門"に参加した! »