« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月の記事

ユーザーストーリーマッピングのワークに参加して来た!

1/24(水)の夜に、ユーザーストーリーマッピングの公開ワークショップに参加して来ました。
 
自社サービス/顧客とコラボしてのサービス展開などの際に必要なツールの1つとして、社内的な知識の共有と、
実戦で使うためのナレッジを得たい!・社内でワークショップをやりたい!
...ので参加させて頂いた次第です。
 
ファシリテーターはギルドワークスの中村 洋 氏。
twitterではフォローさせて頂いていますが、ご本人にお目通りする?のは、これが初めてです!
 
当日は、大変お世話になりました。
 
下記のレポートは、筆者自身の言葉への置き換えやメモが含まれていたりしますのでご了承下さい。
また、認識齟齬・誤植などありましたら、ご指摘頂ければ幸いです。
 
参加コンテンツ名/講師/機関
 
 ユーザーストーリーマッピングを使って、要求の全体像を把握しよう
  ギルドワークス:中村 洋 氏 (大阪高知のご出身で通常は関西方面でご活動)
 
 
実施日時
 
 2018-01-24(水) 19:30 - 21:30
 
実施場所
 
 合同会社ねこもり 秋葉原オフィス
   東京都千代田区外神田2丁目15-8 長坂第三ビル 3F
 
満足度
 
 95点~
  (0~100点満点、時間分の価値がどうにか有った=60点、概ね満足=80点)
  内容は、各IT企業にコーチングやファシリテータ、コンサルとして現役であり、講演や執筆も数多くこなす方だけに申し分ない。
  "もの凄い" と感じさせずに、着実に参加者が結果を出せるように企画準備・臨機応変に方向転換・褒める ⇒ 本人達もびっくりの結果が出た。
 
概要・所感
20180124_userstory220180124_userstory  10名枠に、結果的に8名参加。
  ・キャンセルの嵐で、キャンセル待ちの方々への連絡するも10名全ては来ず。
  ・開始時刻を5分遅らせて、更に数分の遅刻者若干名で、4+4名の2チーム構成でワーク。
  ・最初に、講師から参加者の実務ロールや、今回参加の目的・期待などを聞かれる。
  ・ユーザーストーリー・マッピングの実務での作成経験者はゼロ。
  ・開発者(一番多い)、デザイナー、学びの場の提供者(=今回会場の提供者)、私、に分類される。(年齢層:20代~40歳前後?、私(57))
  ・前回は、"ユーザーストーリーの抽出" だったらしい(連続で参加している人に聞いた)
  ・私が1番最初に会場入りしたが、関係者間の雑談(主催者側の経験)が面白かった。
.
.
.
 
 スライドでざっと説明
 
  ユーザーストーリー・マッピングの主要目的
   ・プロダクトの設計
   ・ユーザーのワークフロー
   ・リリース計画
  (Jeff Patton 氏が考案した手法)
 
 殆どの時間を占めるワーク
 
  "DoorKeeper"(学習コンテンツ・サイト)のユーザーストーリー・マッピングを作ってみよう!
   ・出来たものは、そのままカンバンボードとして使える=通常
    ・開発の済んだものにマーク付けしたり ←(進捗見える化)
   ・今回は上段から順に作成した;下段に行くに従って、上段の不足に気が付く場合も;"行ったり来たりが当たり前"
    ・各段を終える毎に、2グループ間で見せ合う。
 
  通常なら半日で "相対見積まで完了" する場合が多い。
   ・見積:各機能毎に、相対ポイントで表す最大の場合、最少の場合、両方の数値を出しておく。(表形式でOK)
   ・実際に開発を回し、ベロシティ(生産性:1反復で何ポイントの開発を完了させられるか?)を計測 ⇒ 計画を見直し
   ・ベロシティ自体が不安定な場合は、別の話題へ...
 
  全体を通して:"各人が勝手に付箋を書く" シーンが無い
   ・必ず話し合いながら、付箋を紡ぎ出していく感じ。(全付箋に全員がコミットしてる感じ)
 
 振返り
  各チームで軽く発表。
 
  個人的には、頭の回転速度が追い付かず、手も余り動かせずで申し訳ない限り...
  しかし、どうにか社内ワークショップを行うための最低限の体験・知見は得られたのでは?、と思います。
 
  他の方がKeepとして仰ってましたが、"設問設定が良かったのでアウトプットし易かった"点も大きい。
  恐らくワーク中の自分達には計り知れない、中村氏の経験・知見・暗黙知が総動員されてこその
  ワークショップ成功なのだと考えます。
 
  果たして、社内で実施して、参加メンバーにどれだけ好感触を持って貰えるか?...
  とりあえず頑張ります! 先ずはやってみなくちゃ!
 
ナレッジ
 
 ・先ずはミニマムな(=基本・ノーマルケース)行動セットで考え始める方が良い。
   ・いきなり詳細から掘り始めると、進まない。完結出来ない。時間の無駄。"全体を押さえたい"目的に反する。
   ・たまたま思い付いた、細かいけど重要そうな事項は、とりあえず付箋に書いといて後で何処かに配置する・或いは色を変えて/表現し直して利用する、かも。
     ・"それは後にしよう" で書かないと忘れ去られる...
 
 ・大きなボードが必要!
   ・今回も、1チームは長机2つでほぼ一杯(3.5m位?)、1チームは壁を利用(3m位?)
 
 ・通常は対象ユーザーや、サービスの運営に関わる人達に事前インタビューする(どんな使い方しますか?/してますか?、とか...)
   ・特に、開発者オンリー、1~2人で作るといきなり小機能レベルのキーワード/話題になったりし安い
   ・利用者の目線ではなく、システム目線に陥りがち。
 
 ・参加メンバーの選定は重要!
   ・当該サービスで実際に役割を担う関係者(若しくは同部署の人間とか..)が参加すると、現実からの乖離を防ぎやすい。
 
 ・付箋に書くのは、"人間の行動"・"人間が受け取る何か"(或いはシステムの粒度の大きな挙動)
   ・"~する"・"~できる" の動詞で書く;"◯◯機能" とか書くのは良くない(特に上段では絶対ダメ!)
 
 ・出来たマップを検証する
   ・頭から順番に見直して、最後まで行き着くか? 途中で当該機能が無かったり、論理的破綻してないか?
 
 ・出来たマップから、"MVP"(Minimum Viable Product) 的な選択をする(スタートアップのシミュレーション)。
   ・現実なら、前提基準として共有しておくべき事項を "インセプションデッキ" などの形にしておく。
   ・"大きな目的"・"そもそも論" から離れてしまわないように;手段が目的化してしまわないように
 
 ・付箋の色変え:
   ・画面系/バッチ/操作に対するシステム挙動...などは、色を変えた方が分かり易い。(或いは、付箋の隅に色違いのマークを貼り付けるとか...)
 
 ・マップに "漏れ・抜け"(或いはダブり)は付き物
   ・元々が "全体を俯瞰視する"・"先ず始める為のモノ" である。
   ・開発に入って 2~3週で、マップを見直す(問題に気付いたら適宜?!)。
   ・マップの見直しは繰返し行うこと(成果物と乖離するとか、既に破綻してる証拠) [重要]
 
 ・マネージャとか役員に説明し易い;って言うか、これ見てね!で済む。
   ・("間に合いそうなのか?" とかは別の資料が必要になるが...)
 
 ・マップ上の空白部分;何で空白なのか説明が付くか?...など、見えて来る。
 
 ・付箋に書く文言の粒度・用語の認識共有の問題
   ・表現の揺らぎは危ない;統一する
     ・(用語とか、定義を付箋で別枠に貼っておくべきかも)
   ・逆に言えば、認識合せのチャンスにもなる(認識齟齬の部分が明らかになる) ←(実際に結構多い)
 
アンチパターン
 
 ・バッチ処理・移行の際に、顧客が "それ必要だから残して!"
   マップ内に存在する?;入る必然性が有る? ⇒ 無かったら、"要らない機能ってことですよね?" と言えるかも。
 
 ・1人でずっとマップの作成・保守を行う
   現実と乖離したまま気付かずに先に進んでしまいがち
 
 ・付箋の書き出しを書く個人の判断で行う
   時間はかかるが、話し合いをしながら1枚づつ書込み・貼り出す。(前述)
 
 ・マップ作製のメンバーのロールを固定する(ロール分布の狭い状態で)
   参加できないメンバーでも、チェックを頼むとか必要。
 
 ・議論が白熱して、1ヵ所を深堀しまくって、全体が進まない
   完璧を求めない;絶対無理と割り切る;振返る機会を持ち続ける(前述)
 
 ・上段の議論中に、いきなり機能名が出て来る
 
 ・組織の偉い人が参加する
   心理的安全(圧力)が無い状態でないと、あるべきマップにならない。
 
 ・マップをコミット扱いにしてしまう;されてしまう
   "始める為のモノで、不完全だよ!" を十分に周知する
   ウォーターフォールの見積用に使うなど、言語道断!
 
 ・不必要なデバイス利用を想定内に入れてしまう
   スマフォだけ対応すれば良いはずのサービスに、PC版の機能を計画:膨大な工数食って無駄死にしたり...
 
質疑応答
 
 Q.カスタマー・ジャーニーマップは完全に時間軸に沿って書くが、ユーザーストーリー・マッピングはどの程度時間軸に従う?
 A.目的が"要求の整理"・"開発に入る為のモノ"なので、ユーザーストーリー・マッピングは完全時間順ではない。
  カスタマー・ジャーニーマップはUX設計の一環で行われるが、ユーザーストーリーでは人間の感覚・体験は考慮しない(行動は対象に含む)。
  システム側で機能を伴わない "人間の行動" も書いて良い(システム側は"何もしない"ことを明示できるから)。
 
 Q.漏れ・抜けが心配
 A.完璧を目指さない;"抜けは必ず有る" 前提でチェックのタイミングを事前計画に入れる
 
 Q.非機能要件とかは?
 A.このマップでは直接的には出て来ない。が、考える元ネタとしては使える。
  非機能要件を考えるのは、別の切り口で、別の機会を設ける。
 


★クリック1つでブログランキングにご協力戴けます! m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イノベーション系セミナーに参加した!

1/17(水)の夜に、セミナーに参加して来ました。
編集系の話題が含まれているにも拘らず、編集レベルが限りなく低い記事で大変恐縮なのですが、
巧遅よりも拙速を以て良しとする...と勝手に決め付けてアップさせて頂きます。
 
三津田氏のパートは、先日受講させて頂いた内容のダイジェストでしたので、記載は少ないです。
 
小関氏のパートでは、非常に同感できる部分が多かった!
ここ2ヶ月ほど考え・悩んできた結果の自分なりの結論と、理論的にも共感もできる内容でした。
また、実践しよう!・試してみよう!と思うことが多く、素晴らしい内容でした!
 
講師のお2人とも、良い機会・気付きと喜びの時を戴き、本当に有難う御座いました!
 
下記のレポートは、筆者自身の言葉への置き換えやメモが含まれていたりしますのでご了承下さい。
また、認識齟齬・誤植などありましたら、ご指摘頂ければ幸いです。
 
参加コンテンツ名/講師/機関
 
実施日時
 2018/01/17(水)-19:00~21:00(~21:15)
 
実施場所
 ビリーブロード株式会社:オフィス(9F)(岩本町)
 
満足度
 98点
  (0~100点満点、時間分の価値がどうにか有った=60点、概ね満足=80点)
 
概要・所感
 ・前半が小関氏による、イノベーション系(ビジネスと人材を変革する)のお話
 ・後半が三津田氏による、言葉のマネジメント入門のお話(以前に受講した内容の要約版)
 ・小関氏のパート
  ・知識に関しては殆ど知らない事ばかり、と言っても良いくらい。納得性の背景固めになった。
   ・VUCA;世界中同時の状況;"長期予測は意味が無い"
   ・起業の失敗:コミュニケーションエラーが多い(言葉の定義付けが個人によって違う・間違った伝わり方をしてしまう)
 
  ・ナレッジに関しては、ワールドカフェ法(事業開発の前半で必ずやる!)に強く惹かれた!
   ・イノベーションを起こすのには対話が重要!;現場主導がイノベーションのカギ
    ・Visionなども、皆で作ると良い後々で齟齬が起きにくい共有・共感され実行され続ける
   ・自分らしく活躍する人材を育成する、に強く惹かれた!
   ・やりたいことは個人別に違う
   ・同じビジョンでも、インセンティブは個人別に違う!
    ・原体験が違う共感できるか否か!・大きなキーになる
     ・↑各人が意識したほうが良い;視点の違い=気付きの違い ⇒社の総合力のUP!
     ・="多様性"は強い!(活かすべき)
     ・未経験新人とか、下手に染まらないほうが良いね!(入社後の最初に伝えるべきだな!)
 
   ・1on1徹底的に何でも話してもらう(傾聴);生い立ちとか何でも;話者自身が気付くのを誘発する
    ⇒小関氏は殆どこれ!
 
   ・バリュー(行動レベルの共有基準):そこらじゅうで見えるようにする(アナログ・デジタル何でも使う)
   ・有言実行;Vision等に紐付かないことはしない・評価しない、というやり方もある...
    ・紐付く事をやたら繰り返す!・推進役が自ら実行して見せる
 
   ・SECIモデル
    ・暗黙値が腑に落ちるか?(暗黙知(in)⇒暗黙知(out));そこで回らなくなる;共感がキーになる
 
   ・小さく早く失敗するのが、育成に繋がる!(人もプロダクトも!)
    ・失敗からこそ学べる!;↑は色々な人から異口同音で聞く!
   ・感情が動いたときにメモを残している
    ・意識しなかった何かが隠れている!
    ・ビジネスネタになったりする!
 
 ・三津田氏のパート
  ・"書く" と "メンタル" は深い繋がりがある
  ・いま、編集の時代;経営者とかミッションとか言葉にして表現するしか無い!
   ・編集力=言葉と人間を動かす;今でこそ重要!
 
  ・Webサイト・ブログなどの編集者になりますよ!、というのが三津田氏のソリューション
   ・適宜で小関氏と連携していく
 
ナレッジ
 (まとめきれない...;上記を繰返し見直しつつ、適宜で再度の気付きを得る;⇒実行する!)
 
質疑応答・他
 Q.Visionなどに全ての人を完全従属させるのか?、個人否定と受け取られるケースが生じないか?
 A.個人の価値観はまちまち;心理的安全性も必要じゃないのかな?!
  対話;自己内部でも;
  共通部分を探す;相反部分に拘らない;
 
 Q.本セミナーのナレッジなどを自社に持ち帰ったときに、周りの人間が同意しない場合はどうしたら良い?
 A.結局は経営トップが腹をくくって真剣にならないと。
  小関氏が提供可能なソリューション;業務研修的に一定期間を設定し、メソッドを実行している;
  合宿して作る企業の実例は多い
 
 Q.ターゲッティング:自分にとって未知の世界の住人が相手の場合にどうする?
 A.先ずは当事者に会いに行く;話をする;コミュニティに参加したり;大将の人種に"なりきって"編集をする
  競合に調査とかもするけれど...
 


★クリック1つでブログランキングにご協力戴けます! m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

OKRワークをやってみた!

昨年の暮れ、11月に "プロダクトオーナーのためのOKR/KPIワークショップ #0" に参加しました。
その際のレポートも、こちらのブログに挙げさせて頂いています。
 
さて、"これは、何れ自社でやらなければいけないな..." と考えていたのですが、
なかなか構想がまとまらない.....
 
色々な視点から、様々な課題が絡み合ってしまう...
考えれば考えるほど、"やる意味無いんじゃないか?" と思えたり、
"いや!課題が山ほどあり過ぎて焦点を絞り切れないんじゃないか?"、でもそこは工夫次第なんだし、
放置する方が拙いだろう!?、とも考えられる。
 
散々悩みましたが、やるだけやってみよう!、と結論付けて2018年・年明け早々の定例会コンテンツとして
社内SNSの"定例会ページ:予定スケジュール" に予告しました。
 
さて、1/12(金)の午前中に定例会開催!
(ちなみに、午前中に実施しているのは、子育てで忙しく夜の開催だと参加できないメンバーが複数名いる
 為、"夕方⇒午前" に変更した結果です)
 
下手をすると全然盛り上がらないかな?、という危惧を他所に、
 
...盛り上がりました
 
.....と言うか、率直に表現すれば大炎上しました。
 
まあ、特に温度が上がったのは一部のメンバーと、一番冷静でなければいけない進行役である筆者でしたが...。
 
"OKR" の "O" はObjective
話題の対象として設定する最上位の目標です(1つ)。
 
"KR" は "KeyResult"。
"目標を達成したことを示す主要な結果状態"(1つ以上)です。
 
で、KeyResult を挙げ易くする為にも、目標自体の妥当性(内容と表現・意味解釈)を追検証する為にも、
"現在の状態" を挙げる必要が有ります。
 
今年度初めに社長から発表されていた中長期経営計画を絡めて展開したのですが、全体が小さな会社ですし、
ほぼ全社員が集まった状態でのディスカッションにこそ意味があると判断しました。
 
グループ長や役員を含んだ会議体、採用に関わる主管メンバーと技術者達、対外的な採用活動を主管する若干名、
それそれで、
良く言えば分担して具体的な対策と行動を進めて来た。
悪く言えば、方向転換などの際には共有不十分なまま走っていないか?と不安を感じたり...
 
同じ活動を行っているはずが、前提認識などのズレが生じていないか?、という懸念もあり。
 
多少ずれながらも走るだけ走って、結果が出た時点で認識ズレが有ったら、結果に合せて対応すればいいじゃないか!
...的な意識の者がいないか?
 
まあ、そういう動き方が正当化されるシーンも有るのかも知れません。
が、制御可能なはずのリスクを、手放しにして膨張させている気がしてならない...
 
実のところ、熱量の高い発言が有ったのは、途中経過まで含めて、比較的情報の共有度が高かったメンバーでした。
"何をいまさら!!?"
...という不満に火を点けたのかも知れません。
 
その強い発言に対して、進行役がツッコミ掛けたり、
拙いと思い方向修正しようとしてして返って迷走したり...
 
議論の途中で予定時間枠を過ぎてしまいましたが、メンバーの方から、
"ここまで突っ込んだ話をしたんだから、具体的なアクションまで落とし込みたい!" と言ってくれて、
結局は当日の他の予定コンテンツは全て無し!、ディスカッションを続けました。
 
最終的には、中間ゴールに対しての施策:具体的なアクション群と、各々の方向性や期待成果、
主管担当などを具体化し、全て白板に記載出来ました
(同内容は、議事メモとして社員専用SNS上にも残しますし、白板の写真も同一ページに上げました)
 
最終ゴールに対してのアプローチも、幾つかの選択肢の内、"これが有力なのでは!?" というものを
共有することが出来ました。
 
そして、最後の振返りの結果をご紹介しましょう。
 
Keep
 ・一時、場の雰囲気が悪くなる部分もあったが、最終的には建設的な話で盛り上がって終わって良かった。
 ・ディスカッションで、アウトプットが出たのが良かった。
  ⇒時間なので終わろうとしたところで、続けよう! という意見が出たのが良かった。
 
Problem
 ・司会の問いかけが決めつけ的:異論を言い出しにくい。
  ・オープン質問にしてほしい。
  ・雰囲気を読んでしまう…。
 
Try
 ・今後やるべきことで名前が出てきたメンバは、MBO等も含めて、成果を上げ再現可能なように意識して記録を残すこと。
 ・人材採用について、担当者達は合否基準とレベル感を合わせること。
 ・デブナイ楽しみ!
 ・司会役は十分に留意して精進する事!([○]済みません、論戦に冷静さを失いました。御免なさい)
 
Dsc005032_2 Problemは、進行役=筆者に対するモノのみでした...
 
面目ないです。 言い訳無用です。
 
進行役が、メンバーと論戦した、"問いかけ"の形式を取りながら実質的に参加メンバーの心理的安全性を脅かす言動を
とったのは、どう見ても最悪・言語道断でした。
 
にも拘らず、しっかり成果を出してくれたメンバーには感謝してもし尽せません。
進行役にもしっかりと指摘をしてくれた点も、本当に有難いことです。


★クリック1つでブログランキングにご協力戴けます! m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »