« "リーンキャンバス"をネタにワークをやってみた! | トップページ | 「名付けのススメ」について »

"ペルソナ"設定ワークをやってみた!

前回の(=先月の)全社定例会では、"リーンキャンバス作成ワーク"を行いました。
 
で、今回の定例会では、"ペルソナ設定ワーク"を行ってみました。
 
はじめに:
 サービスを新規立ち上げする、或いはユーザー数を伸ばすなどの施策を打つ場合において、
 "何らかのサービス価値を提供する相手"(の一定以上の規模の集合)の存在が不可欠です(当たり前ですね)。
 
 前回行ったリーンキャンバスで、先ずは形にする意義が有るか?・ビジネスになり得るか?、の仮説検証ワークを行いました。
 相前後しての実施になるのかな?、と思いますが、
 サービス提供の対象となるユーザーの仮想モデル(ペルソナ)を極力具体的に設定します。
 
 なお、今回のワークに際しては、下記のWebサイトを参考にさせて頂きました。
 
 ・サンプル(ページ下の方)
 
概要:
 仮想モデルが"共感"してくれるサービスであるか?
 そもそも、仮想モデルは現実としてのターゲット層を代表するモデルになっているのか?
 提供しようとしているサービスに合せて、都合の良いモデルを妄想で作り出しているのではないか?
 
 そういった危険性を少しでも抑える為には、ペルソナ設定以前に行っておくべき下調べ(市場調査、インタビュー、
 既に存在するデータの分析など...)を行っておくべきですが、
 今回は、"先ずは一通りのプロセス/ツールを実体験する"のが目的のワークショップですので、
 その辺の前提は敢えてすっ飛ばしました。
 ("本来ならば.."の話として、最初に話題として触れておきました)
 
 今回の定例会の出席者の中で、ペルソナ設定の経験者は2名。
 経験回数も1回のみと、まあ、殆ど無いようなものかも知れません。
 
 ワークのタイムテーブルは、↓こんな感じの想定で進めました。
 (定例会の後に、新人の歓迎会が控えているので、今日は短縮版です...。時間が足りなそう...)
 
 ・[08] 概説・サンプル(左端の数字は予定時間・単位=分)
 ・[02] グループ分け
 ・[30] 考えよう...(1人以上を設定)
 ・[15] 発表&的に絞込み
 
実際の進行:
 先ずはペルソナ設定の考え方、必要性、設定手順などの話を軽くしてから(以前にも別メンバーから話題に出されているので)
 チーム分けを実施。
 
Dsc00655Dsc00661Dsc00659  1人で1人分のペルソナを作るには経験不足&偏りが大き過ぎになりそう。迷いが大きく不安が膨らみそう。
 全員で1人のペルソナを設定すると、"誰でもない凡庸な誰か"になってしまうか、或いは全然決まらなくなりそう。
 
 ...ということで、2~3名の小さなチームを組んでもらい、B3の画用紙に10の属性を中心に設定します。
 設定は付箋に書いてもらい、画用紙は付箋を貼る為の台紙として使います。
 
 前提とするサービスは、前回の定例会で行った "リーンキャンバス作成ワーク" でディスカッションしたモノを
 中心とする方向で。
 ただし、"ぜひこれで進めてみたい!" ってのがあれば、それで進めてもらうことにしました。
 (結果的には、やはり前回話題にしたサービスから選択された)
 
 今回は全部で3チーム(参加者率が低めだったので)。
 
 Dsc00663 同じサービスを対象に選んだグループが有れば、"どちらがサービスに対するメインユーザー像に近いか?" を
 ディスカッションしてみよう。
 で、"Joy,Inc."(書籍)に出て来る "メンロー・テクノロジーズ" の手法を真似てみようかと思っていましたが、
 そもそもが(やはりと言うべきか)時間が足りずに、ペルソナが形を成す段階まで進められませんでした。
 
 なので、進行想定の最後のステップと考えていた "発表&的に絞込み" は、
 "出来た部分までのペルソナを相互に見せ合って、後で振返りで意見を言う" 形にしました。
 
Dsc00666Dsc00669 振返り:
 定例会全体と合わせて、ワークの振返りも行いました。
 
 ・Keep
   ・ワークは面白かった!(確かに、全グループがワイワイと楽しく活発に意見を出し合ってました)
   ・ワーク中にユーザーイメージが構築出来てくる点が面白い!
 ・Problem
   ・企画したサービスに合わせてペルソナを想定してしまう
     ↑企画ベースでペルソナ設定すると陥りがち:顧客の実例も見て来た(という意見あり)
 ・Try
   ・Problem:"企画に沿ったペルソナ設定してしまう"に対し、他メンバー交え複数モデルを設定することで回避。
   ・リーンキャンバスとの間で検証を回してみるのが良さそう。
 ・気付き
   ・同じサービスをテーマとしても、グループ:人に拠り設定されるペルソナが真逆の人格・性格だったりする!
 
Dsc00670Dsc00673 所感:
 前述のKeepにもあった通り、全グループがとにかく楽しそうでした。
 
 "自社サービスの企画・立上げ" に対しては、実際の所、社内的な温度差が結構あります(アンケートで判明してます)。
 
 自社サービス・オンリーにしていくという方向性ではないのですが、余りに意識がばらつくのも宜しくない。
 ワークを通じて、"楽しめる要素"(ワクワク感)を共有出来た点だけでも良かったかな、と、客観的には能天気かも知れない
 ことも考えています。
 
Dsc00677 次回の予定は?:
 
 さて、"サービス立上げの手順概要をお試し体験してみよう" シリーズのワークを続けて来ている訳ですが、
 次の段階としては、"カスタマージャーニーマップを作成してみよう" を考えています。
 
 ので、"ペルソナ設定" が中途半端のままでは、次のステップもグダグダになってしまう.....
 参加メンバーの意見により、次回定例会では "ペルソナ設定の延長:後半戦" を行うことにしました。
 (体験共有が目的なので、現時点ではスピード感は余り重視していません)
 
さて、次回の定例会は、小さなお子さんの子育て中ママさんエンジニアも参加できるよう、午前中の開催です。
途中参加になるメンバーが混じりますが、今回の "ペルソナ設定" の続きを行います。
 
果たしてどのような展開を見せるか?
 
今から楽しみです!


★クリック1つでブログランキングにご協力戴けます! m(_ _)m

|

« "リーンキャンバス"をネタにワークをやってみた! | トップページ | 「名付けのススメ」について »

定例会、勉強会など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224308/66491905

この記事へのトラックバック一覧です: "ペルソナ"設定ワークをやってみた!:

« "リーンキャンバス"をネタにワークをやってみた! | トップページ | 「名付けのススメ」について »