Selenium2+PHPUnitのローカル環境構築手順

導入環境

2014/03/17

  • windows7 64bit
  • PHPUnit4.0.6
  • xampp 1.8.2
  • java 7

今回導入するもの

  • Selenium Server 2.40.0
  • PHPUnit_Selenium(PHPUnitのSelenium連携モジュール)

Seleniumの用意

  • 公式サイトからSelenium Server (formerly the Selenium RC Server)をダウンロードし、保存しておく。

PHPUnit_Seleniumのインストール

  • コマンドプロンプトを管理者権限で開き、pearコマンドでインストール(pearにパスが通っていなければpearフォルダのあるディレクトリに移動してから実行
    •  
    • 例:C:\xampp\php)
    •  
    • pear install phpunit/PHPUnit_Selenium
  • うまくいかなければ以下のコマンドでキャッシュをクリア
    •  
    • pear clear-cache
  • インストールコマンド終了後、pear\PHPUnit\ExtensionsにSelenium2TestCase.phpが入ったことを確認する。

Seleniumの実行

  • SeleniumServerを保存したディレクトリまで移動し、以下のコマンドを実行(ファイル名は適宜読み替える)
    •  
    • java -jar selenium-server-standalone-2.40.0.jar
  • エラーなく起動すればOK。ウィンドウは開いたままにする。

テストコードの実行

  • コマンドプロンプトを改めて開き、下記の例のようにテストファイルをphpunitコマンドで起動する。
    •  
    • phpunit C:\selenium\script\Webtest.php
  • firefoxが自動的に起動し、コンソールにOKが表示される。

参考

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Selenium2+PHPUnitのローカル環境構築手順:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)