Facebook Graph API

Facebookが公開しているAPIである Graph API について記載します。

Graph API

概要

Graph API とはFacebookが公開しているAPIになります。
こちらを利用するとFacebook以外のサイトからFacebookに関する処理を行えるようになります。

機能

名称内容
Graph API Graph APIこそがFacebookプラットフォームの中核をなすもので、Facebook上のデータの読み書きを可能にします。また、一貫性のあるソーシャルグラフのビューを提供します。
Authentication この認証は、あなたのアプリケーションがFacebookユーザの代理としてGraph API を利用することを可能にし、ウェブ/モバイル/デスクトップアプリ上での強力なsingle-sign-onの仕組みを提供します。
Social Plugin Social Pluginを使うと、たった一行のHTMLを足すだけで、ユーザにソーシャル体験を提供することが可能です。ユーザはあなたのウェブサイトにサインインする必要さえありません。
Open Graph protocol このプロトコルは、あなたのページがソーシャルグラフと連携するのを助けます。それらのページは他のGraph Objectと同様に、プロフィールリンクやストリーム投稿などの機能を得ることになります。
Social Channels Facebook Platformは、News FeedやRequestsなどのソーシャルチャンネルへのアクセスを提供し、あなたのアプリ/サイト/コンテンツの成長を助けます。

Graph API

名称内容
Authorization GraphAPIを利用しても通常の利用方法のままならば、全体に公開されているデータしか取得できません。
このAuthorizationを設定することで、ユーザーのデータに関するPermissionを得ることでその他の情報にもアクセスできるようになります。
Page Login ページ管理者からmanage_pagesというパーミッションを得る事で、そのページとして動作する事ができます。
App Login ログイン中のユーザを必要としない管理系の問い合わせ(たとえば統計 情報やテストユーザなど)をする為のPermissionを得る。
Reading APIを使って特定のフィールドのみ取得したり、オブジェクトの写真を取得したり、オブジェクトのメタデータをを取得する事も可能ですし、何かしらの変更に対してリアルタイムに取得する事も出来ます。
Selection デフォルトでは、クエリを投たときにオブジェクトの要素が返されます。
取得したいフィールドやconnectionを指定するには、fieldsパラメータを用います。
Pictures オブジェクトのプロフィール画像を表示するには、オブジェクトのURLの末尾に/pictureというサフィックスを付けます。
Paging connectionのクエリを発行するとき、フィルタリングやページングするのに便利なパラメータがあります。
limitやoffset、until、sinceを利用することで指定した範囲のページを取得できます。
Dates すべてのdateフィールドは、ISO-8601形式の文字列で返されます。
Introspection オブジェクトのメタ情報取得をサポートしていて、あらかじめオブジェクトのタイプが分からなくとも、そのオブジェクトが持つ全てのconnectionを知る事ができます。
Real-Time updates Real-time updatesは、アプリケーションユーザの更新情報を、それが更新されたタイミングで得ることを可能にします。
これを利用していると、いちいち Facebookサーバへ問い合わせずともキャッシュデータを最新の状態に保てるため、アプリケーションの信頼性やユーザ体験の質を上げる事が出来ます。
Searching https://graph.facebook.com/searchへアクセスすると、ソーシャルグラフ上で公開されている全てのオブジェクトを検索する事ができます。
Publishing access tokenを使いつつ適切なconnection URLに対してHTTP POSTリクエストを送る事でFacebook graphに対して投稿する事が可能です。
Deleting オブジェクトのURLに対してHTTP DELETEリクエストを送信すると、グラフ上のオブジェクトを削除できます。
Analytics アプリケーションを登録すると、ユーザ層や、ユーザがどうshareしているかなどの詳細な統計情報をInsightsで得られます。

Social Plugins

名称内容
Like Button Likeボタンが押されると、あなたのサイト上のページはFacebookプロフィール上で共有されます。
Activity Feed Activity Feedプラグインを使うと、ユーザの友達がサイト上でとった行動(likeやコメント)を表示できます。
Recommendations Recommendation プラグインは、ユーザに対してパーソナライズされたサジェスチョンを行います。
Like Box これを設置すると、あなたのFacebook Pageに対してlikeさせたり、サイト上にFacebook Pageのストリームを表示できます。
Login Button Login Buttonは、ログインボタンだけでなく、ユーザの友達の中ですでにそのサイトにサインアップした人のプロフィール画像を表示します。
Registration 登録プラグインを使うと、ユーザはFacebookアカウントを使って簡単にあなたのサイトへサインアップできます。
Facepile このプラグインは、あなたのページをlikeしたか、あなたのサイトへサインアップしたユーザのプロフィール画像を並べて表示します。
Comments あなたのサイトのコンテンツのどんな物に対してでも、このプラグインでコメントフォームを追加できます。
Live Stream Live Streamプラグインは、アクティビティやコメントをリアルタイムで共有します。

参考ページ

ご支援、宜しくお願いします!←ブログランキングにご協力を!

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Facebook Graph API:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)